不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

今さら聞けないフランチャイズと代理店の違いとは?オーナーになるなら理解しておこう

不動産屋を開業する際、自分で起業する方法とフランチャイズに加盟する方法があります。フランチャイズを利用するのなら代理店とは何が違うのか理解しておきましょう。ここでは2つのスタイルはどんな部分に違いがあるのか紹介します。

営業面で違いがあるので理解しておこう

フランチャイズは、本部に加盟をして商売をすることができます。メリットは本部の看板を利用して商売をすることができる部分でしょう。

自分で商売をするときには知名度を上げるための宣伝をする必要があります。かなりの労力と時間をかける必要があるものなので大変面倒です。FCなら最初から人気のある本部の看板を使うことができるので非常に楽です。開業資金に関しては少額用意するだけなので、加盟のハードルも低いといったメリットがあります。

一方代理店は特定の会社と契約をして仲介役として機能をする商売をおこないます。基本的に顧客に対する責任の重みはかなり違うので注意しておきましょう。

基本的に商売をするときには本部の代理として機能をします。本部が扱っている商品を代わりに販売するもので営業がメインです。他にも商品の販売だけでなく提供した物件のアフターサービスなどもします。

注意点としてこちらの形態は実力が重視されるので営業力が求められます。基本的にFCとは違い本部の支援がなく自分の知識で営業をするスタルです。

フランチャイズの場合は本部に加盟をするので、ブランドが持っているノウハウなどを伝授してくれます。またスタッフの研修なども対応可能なため、全く知識がない人でも不動産屋をすることができるのも強みです。開業と営業のハードルはFCのほうがかなり低いでしょう。

FCのほうがリスクが低いので知っておこう

商売をするときにいくつかのリスクが付きまといます。不動産屋のフランチャイズと代理店をするときにも、それなりのリスクがあるので知っておきましょう。

例えば代理店は本部から商品をもらって収益を出します。基本的に費用は少なく販売できる商品は限定できるのですが、どれくらい商品が売れるのかは自分たちの腕にかかっています。

フランチャイズの場合は本部がしっかりサポートをおこなってくれます。既に成功をしている本部のノウハウをもらって商売をすることができるので、成功できる可能性も高いです。商品が全く売れないというリスクを大幅に回避することが可能です。

ただし代理店と比較をしたときに高い初期費用がかかってしまうのがネックでしょう。またFCは加盟金以外に店舗作りの費用などがかかります。何もない状態から店舗を作るので費用は高めになることに注意をする必要があります。

一方代理店は既に所有している物件や自宅をオフィスにして営業活動が可能です。そのため自由度が高く初期費用も少ないのがメリットです。初期費用面では代理店がかなりお得です。

商売の自由度に違いがあるので注意

商売をするときに重要になるのが営業です。しっかりした営業をおこなうことによって利益をたくさん出すことが可能です。不動産屋でも営業をしないと利益を出せません。

基本的にフランチャイズの場合は本部に加盟をして営業をおこないます。そのため本部の作った営業マニュアル通りに商売をするのが基本です。そうなると商売面において自由度がかなり低くなるので、自分の好きなスタイルで営業ができません。

一方代理店は本部のマニュアルに依存をしない商売をすることが可能です。自分で開発をして営業をするよりも自由度は下がりますが、販売方法については自由なことが多いのがメリットです。うまく行けば多くの利益を出せる可能性も上がります。

またテリトリー制限などが設けられていないので地域に縛られない商売もすることができます。FCの場合はテリトリー制限が設けられていて、他の加盟店に損害を出すような営業はできません。テリトリー内で商売をおこなうことになるので売上にも限界があるでしょう。努力をして売上を出すことが得意な人は代理店を利用すると、多くの利益を出せる可能性があります。

 

フランチャイズは営業面だと本部の支援を受けることができるので非常に便利です。また本部の営業スタイル通りにすることで多くの利益を出すことができるので安心です。加盟金など初期費用はかかりますが、全く利益を出せないといった問題は解消できます。ただし商売面においてはテリトリー制限があるので自由度は低いです。

代理店は本部に縛られない営業をすることができます。全て自己責任で営業をおこなうのでリスクはFCよりも多少高めです。初期費用においてはかなり低くFCよりも安くすみます。テリトリー制限なども一切なく全国規模で営業活動ができるのもメリットです。

どちらが良いということではないので、自分の性格に合う契約スタイルを利用しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧