不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

気になる!不動産フランチャイズオーナーの年収の相場はどのくらい?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/14

不動産フランチャイズに興味があるけどどれくらいの年収になるのかわからないので、躊躇しているという方が多いのではないでしょうか。今回はそのような方達に向けて不動産フランチャイズオーナーの年収の相場について紹介します。それに合わせてこの経営法のメリットや注意点、ロイヤリティーの取り扱いについても紹介します。

加盟するとどんなメリットがあるの

フランチャイズ経営は、フランチャイザーの販売促進ノウハウを提供してもらえ、ブランドイメージなどを活用できるというメリットがあります。したがって、自分で一から会社を立ち上げるよりリスクが少ないと言われています。

しかし実際にオーナーはどれくらいの収入を得ているのかわからない部分も多いです。この経営法を活用したいのであれば、どのくらいの収入になるかを確認することがポイントになります。

まず収入を確認する前に特徴を確認してみましょう。加盟することによって得られるメリットとは、ブランドやノウハウ、集客を得られるという点です。それによってある程度の売上を見込むことができるので、収入にも大きく影響します。

本部での研修を受けることもできるので、仕事に必要なスキルをスムーズに得られるというメリットもあります。これらの研修は有料であっても一般のセミナーよりはリーズナブルな料金で提供しているので、自分の能力を高めるための費用を抑えることができます。

さらに本部のシステムを活用できるという点も大きなメリットであるといえるでしょう。店舗経営に必要な費用の計算や顧客管理、スケジュール管理や物件情報データベースなどのシステムを本部が展開しているITシステムを活用しておこなうことができます。それによってそれらのシステムを揃える費用を削減させることが可能です。

そのようなさまざまなメリットがありますが、加盟料金を支払う義務があったり、ロイヤリティーが必要であったりします。また出店場所に制限もあるので、その点もよく確認してから利用するようにしましょう。

どれくらいの相場になっているの

不動産フランチャイズの経営は、販売促進のノウハウを教えてもらったり、さまざまなメリットがあるため、起業のハードルが少ないなどの特徴があります。しかしこの特徴があるために、どこの店舗も同じような条件になってしまうので、収入アップにつながらなくなるのではないかと考える方も多いのではないでしょうか。

実はそのようなことはなく、オーナーの経営努力やセンスによって年収200万円から数千万円という大きな差が出てしまうということがわかっています。販売ノウハウが共通しているのになぜ収入にそのような差が出てしまうかというと、広告や宣伝の分野が店舗ごとに異なるからです。

地道にチラシを配ることも大切ですが、最近ではSNSなどのITツールが注目を集めているので、それらを活用することがポイントになります。これらのツールを活用し大きな売上を伸ばすことによって、新たな店舗を経営するオーナーも現れます。このような多店舗経営をすることによって売上が倍増し、他の店舗のオーナーとの差が出てしまうという特徴があります。

不動産フランチャイズの年収の相場はだいたい400万円~500万円程度ですが、多店舗経営をして複数の店舗から利益を得ることによって、数千万円単位の収入を得ることもできます。

年収だけではなくロイヤリティーも確認しよう

不動産フランチャイズをおこなう場合は、年収の相場だけでなくどれくらいのロイヤリティーがかかるのかを確認することも大切です。ロイヤリティーとは加盟店が本部に支払うお金のことをいいます。

なぜロイヤリティーが必要なのかというと、加盟店が本部の名前を借りて経営ノウハウを使用し、店舗経営をおこなうからです。その対価としてロイヤリティーが支払われます。算出の方法は、粗利分配方式や売上歩合方式、定額方式の3つです。

売上歩合方式とは、売上から一定の金額を本部に支払う仕組みで、売上が上がれば上がるほどロイヤリティーも高くなります。粗利分配方式は、粗利益の数値からロイヤリティーを決定する方法で、定額方式は契約時に設定した金額を毎月払う仕組みです。

ロイヤリティーを高めに設定している本部もあれば、安めに設定している本部もあるので、加盟する前によく確認するようにしましょう。高いロイヤリティーのところに加盟してしまうと、その分費用がかかってしまうので、オーナーの収入が減ってしまう恐れがあるからです。

ただしロイヤリティーがかからないケースの場合も注意が必要です。ロイヤリティーがかからない分、手数料の支払いを要求したりするケースがあるからです。

 

不動産フランチャイズの相場や費用について知ることができたでしょうか。オーナーが得られる年収の相場は、400万~500万円となっていますが、経営努力や経営センスによって、店舗を増やし数千万円の収入を得ることも可能です。

加盟店を選ぶ際のポイントはロイヤリティーがどうなっているかを確認することが大切です。ロイヤリティーは本部ごとにそれぞれ算出法や金額が異なるので、しっかりと確認するようにしましょう。ただしロイヤリティーが安すぎるところは、他に手数料などがかかる場合があるので注意が必要です。

不動産フランチャイズ(FC)会社ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名LIXIL不動産・賃貸ショップセンチュリー21アパマンショップピタットハウスエイブル
特徴日本初の不動産フランチャイズチェーン世界最大級の不動産仲介ネットワーク営業社員の応対接客コンテストなどの開催教育研修スタッフが多く、研修体制が整っている人材募集のノウハウや電話システムにも対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧