不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

儲かる!?不動産フランチャイズ業界の売上平均とは?

不動産フランチャイズの加盟店として事業を展開しているオーナーは平均的に見るとどのくらいの利益を得るのに成功しているのでしょうか。加盟したときにどんな形で利益が出るのかについても合わせて紹介するので、本当に儲けが大きいのかどうかを見極められるようになりましょう。

加盟店になったときの平均的な月間売上

フランチャイズ加盟店として不動産の媒介などをする事業をおこなっているオーナーは毎月どのくらいの売上を出すのに成功しているのでしょうか。

平均的には月に100万円程度を手に入れるのに成功しているのが実態で、幅としては0円から2,000万円くらいです。月によってどのくらいの依頼があるかが異なるため、2,000万円どころか5,000万円くらいの収入を得ているケースもないわけではありません。

ただ、媒介を中心にした事業の場合には仲介手数料がどれだけ手に入るかが収入に直結することから、売買や賃貸の契約を成立させることができないと一円もお金が入らないことになります。

閑散期にはベテランの人であっても0円や数万円といった金額になってしまうこともあるので収入額は波が大きいという認識を持ったほうが良いでしょう。

月間利益になるとどのくらいが平均的か

独立起業をしたときには収入が全て懐に入るわけではなく、経費を差し引いた金額が利益として儲けになるという仕組みになります。加盟店として事業を展開するときにはロイヤリティーや宣伝広告費の分担金なども収めなければならないため、経費の負担は大きくなりがちです。

どれだけ大きな売上だったとしても利益が少なかったらあまり儲かるとは言えないでしょう。加盟店として経営をしているオーナーの月間利益はどのくらいなのでしょうか。

事業をどのようにしておこなっているかによって経費の負担もかなり異なり、そもそも収入が毎月かなり違っているので一概に言うことはできませんが、20万円から50万円程度になっています。平均的には30万円くらいで、年収にすると360万円ということになります。これが高いと感じるか低いと感じるかは考え方によって異なるでしょう。

ただ、実際にはロイヤリティーや宣伝広告費の負担がどのくらいかによってかなり利益には違いが生じているので注意が必要です。不動産業界におけるフランチャイズのロイヤリティーは売上の6%から10%くらいが相場になっていて、100万円だったとしたら6万円から10万円を収めることになります。

さらに宣伝広告費の分担金も10万円くらいというのが一般的なので、合わせると16万円から20万円も収めなければならないのです。これに加えて賃貸している事務所の賃料や水道光熱費、各種消耗品の費用や税金などを加味すると30万円程度になってしまうのも確かでしょう。

少しでもロイヤリティーなどの支払いが少なくて済むフランチャイズに加盟するのが儲けるためには重要だということがわかります。

経営の仕方によってはもっと稼げる

フランチャイズに加盟して独立起業をしようというときには一人か二人で始める場合がほとんどです。その一人が従業員であれば給料や保険なども賄わなければならないのでさらに経費が大きくなります。

経費は大きくなるものの、マンパワーは増えることから対応できる案件の数は飛躍的に増えます。そのため、特に繁忙期における月間の売上が伸びやすくなる傾向があり、数百万円や1,000万円以上も収入が生まれることも多くなるでしょう。

このようなやり方をしたほうが取引件数も増えて実績も積み上げることが可能です。きちんと顧客が確保できれば人数も増やしていくのが良いということは念頭に置いて経営を進めていきましょう。

利益が少ないから経費を節約しなければならないと考え、人件費を増やさないようにするという考え方を持ってしまいがちです。しかし、事業を拡大するためには人材が必要になる場合が多いということは心しておく必要があります。

 

不動産フランチャイズの加盟店として事業をおこなっているオーナーは売上として月間100万円くらいを上げているのが一般的ですが、繁忙期か閑散期かによってかなりの金額差があります。儲かるかどうかを判断するには月間利益で評価するのが望ましく、平均的には30万円前後の利益を得るのに成功しているのが実態です。

フランチャイザーに支払うロイヤリティーなどの経費が高いのが利益を小さくしてしまう原因になるので加盟先は慎重に選ぶようにしましょう。また、独立起業をする時点では一人か二人というケースが多いですが、人材が多くないと多数の案件をこなすことはできません。

収入を増やすためには顧客が増えてきた時点で従業員を雇うことも重要になることは念頭に置いて事業を進めていくようにしましょう。経費を節約しようという気持ちが先行してしまって人材を増やさないと売上の伸びにくくなるので注意が必要です。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧