不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

説明会に参加しよう!不動産フランチャイズ説明会で確認しておくべきポイントとは?

不動産フランチャイズを利用して独立起業考えた時、できるだけ多くの情報を集めて詳細を理解してから検討したいと思うのがもっともなことでしょう。詳しい情報を手に入れて、疑問になったことを解決するためには各社がおこなっている説明会に参加するのが良い方法です。参加したときにどのようなポイントを押さえておくべきなのかを説明します。

規模の大きさと知名度の高さを確認しておこう

不動産フランチャイズに加盟して独立起業するメリットとして大きいのは、加盟先のブランドを活用して事業を展開できるようになることです。その知名度が高ければただブランドネームを使うだけで相談に来てくれる人が多くなり、開業した直後からスムーズに顧客を獲得できる可能性が高まります。

逆にあまり知られていないブランドの場合にはいくら名前を出しても顧客が来てくれず、途方に暮れてしまうことになるリスクがあるでしょう。このような観点から説明会でまず確認しておく必要があるポイントは知名度の高さです。

世の中でどのくらい知られているブランドなのかはどのようにしてチェックしたら良いのでしょうか。最もわかりやすい指標はそのフランチャイズに加盟している店舗の多さです。

たった10軒しか加盟していないような場合には、それぞれの店舗がどれだけマーケティングをしていたとしてもほとんど名前が知られていないでしょう。この場合には加盟してもあまりメリットが得られず、大きなリスクを抱えて起業しなければなりません。しかし、全国で1万もの加盟店があるともなればよく知られているので、ネームバリューだけでも十分に活用できます。

また、事業規模の大きさも重要なポイントで、不動産以外の業界でも事業を展開していて幅広い顧客を獲得できていると知名度が高い傾向があります。例えば、エネルギー産業にも力を注いでいるという場合にはエコに興味を持っている人が耳にしたことがある可能性があるでしょう。BtoCの事業をたくさんおこなっているとそれだけ幅広く知られている可能性が高いですが、BtoBであっても知名度にはプラスの効果をもたらします。

事業の幅が広くていろいろな分野でブランドネームが登場しているような企業を加盟先として選ぶと有利だということを念頭に置いておきましょう。

サービスの詳細を一つずつ見ておこう

不動産フランチャイズの説明会では大まかな特徴を理解することも重要ですが、気になる可能性がありそうなところは隈なく拾って確認しておくことが大切です。ただパンフレットやホームページお情報を閲覧するのとは違って、質問をすることができるのは説明会のメリットだからです。

配布された資料をよく見て、サービスの詳細を一つずつ見ていきましょう。支援してくれる内容が何なのかが最も重要なポイントで、自分にとって必要なものがどれだけ揃っているかを見て加盟先として優れているかを判断するのが大切です。

例えば、起業支援で助成金や補助金についてサポートをしてくれるところもありますが、資金調達については特にアドバイスをすることすらないというところもあります。また、サービスの名称や概要は一覧で記載しているところも多いですが、詳しく見てみると想定した内容ではなかったという場合もあります。

人材募集をサポートとなっていたときにも求人票の書き方を教えてくれるだけの場合もあれば、募集活動や書類選考まで主体的におこなってくれる場合もあるのです。わからないことは質問をして疑問がない状態にしてから加盟するかどうかを判断するようにしましょう。

ロイヤリティーについても確認しよう

不動産に限らずフランチャイズに加盟するときにはロイヤリティーを支払わなければなりません。ブランドネームやサポートなどを活用できる代わりに、一般的には収益に応じたロイヤリティーを加盟先に支払う仕組みになっています。

ロイヤリティーの割合も計算方法も加盟先によって大きく違うので注意が必要です。ロイヤリティーを払わなければならない契約期間についても最低期間が異なっていることにも留意し、確認しておくようにしましょう。

 

不動産フランチャイズへの加盟を検討しているときには説明会に参加するのが良い方法です。参加したときに確認しておくべきなのは加盟先としての魅力の大きさで、知名度が十分に高くてブランドネームを有効活用できるかを見極めましょう。

さらに、受けられるサポートサービスも一つずつ詳しく確認していき、疑問なところがあればその場で質問しておくのが良い方法です。また、ロイヤリティーがどのようにして決まっているかも説明会でチェックして、他の不動産フランチャイズと比較してどのくらい高いコストパフォーマンスがあるのかを判断できるようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧