不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

不動産フランチャイズの事業計画書で見られているチェックポイントと注意点とは?

不動産フランチャイズに加盟したいと考えているのであれば、事前に事業計画書を入手して確認することが大切です。今回は不動産フランチャイズの事業計画書のチェックポイントと注意すべき点について解説しますので選ぶ際の参考にしてみてください。

なぜ確認をしなければならないのか

不動産フランチャイズの加盟をする際に、なぜ事業計画書の確認が必要なのかというと、それを確認することによって事業そのものを理解することができるからです。事業計画にはさまざまな項目や数値があり、それらを確認することによって事業の本質を理解することができます。

また事業計画の内容を確認することによって、本部の実力がどれくらいかを測ることも可能です。その際には事業計画の根拠となる実績を提示してもらって数値の意味を説明してもらうようにしましょう。

実績をきちんと示さない場合は、都合の良い数字や実績ばかりを提示しているかもしれないからです。また根拠がうまく説明できない場合は、数字に弱い組織かもしれないので注意が必要です。

他にも事業計画を確認することは、加盟店に対する本部の姿勢を理解することにもつながります。加盟店をただひたすらに増やしていきたいと考えている企業では、見通しの悪い売上予測をしたり、減価償却を計上しないで利益を大きく見せている可能性もあります

チェックしなければならないポイントとは

不動産フランチャイズで、事業計画書を確認するときのポイントは、売上予測の変動値を確認することです。売上構成はどうなっているか、数値は根拠があるものなのかを確認し、売上の変動幅もチェックするようにしましょう。

初期投資としてどの項目が計上されているかを確認することも大切です。採用広告費や開業前家賃、開業前人件費や初期広告宣伝費など事業の立ち上げに関わる費用はどのような内訳になっているのかを確認することがポイントになります。

人件費が正しく計上されているかどうかをチェックすることが大切です。人件費をチェックする際には、社会保険を考慮しているかどうかを確認することがポイントになります。事業計画書の中には、社会保険を考慮していないようなずさんなものもあるので、注意が必要です。

販売促進費は売上予測に対してどのくらい計上されているかも確認しましょう。販売促進費は不動産フランチャイズをおこなう際になくてはならないものです。販売促進費を確認する際には、売上をどれくらい見込んでいるのか、売上予測との割合もチェックすることがポイントになります。

減価償却費が計上されているかどうかも、大切なチェックポイントです。減価償却費は直接現金を支払うわけではないので、企業によっては償却前の利益を表記しているところもあります。償却前と後の利益をきちんと理解していないと、加盟した後に思ったような利益を出すことができなくて、困ってしまうかもしれません。

これらのことを確認したら、自分でも事業計画書を作成してみましょう。自己資金は十分にあるか、金融機関への返済は滞ることがないかなどを確認しながら作成することがポイントになります。

本部の事業計画を把握することによって、どこにリスクがあるかを知ることができ、より現実味を帯びた計画書を作成することができます。実績値との変動を見ればわかりますが、本部の事業計画はあくまでも目安です。余裕を持った資金計画をおこなうようにしましょう。

注意点をしっかり確認することが大切

不動産フランチャイズで事業計画書を確認するときの注意点は、本部に支払う金銭を確認することです。一般的に本部に支払う金銭には、加盟金やロイヤリティー、研修費やシステム使用料などがあります。

ここで注意しなければならない点は、契約書に記載されている本部支払い項目と営業時に提示された事業計画書を比較することです。なぜそのようなことをおこなわなければならないかというと、営業時に聞いていた以上に支払い項目が増えている可能性があるからです。しっかりと事業を進めるためにも契約書と事業計画を比較して、誤差がないようにしましょう。

契約期間や契約更新の時期がいつなのかを確認することも大切です。契約期間は不動産フランチャイズによってさまざまなので、しっかりと確認することがポイントになります。途中で解約するようなことがあると、解約金が発生してしまう恐れがあるからです。契約期間が長ければ長いほどそのリスクが高まるので、しっかりと確認するのがいいでしょう。

 

不動産フランチャイズの事業計画書のチェックポイントとその注意点を理解することができたでしょうか。事業計画を確認することによって事業そのものを理解することができるようになるので、とても重要であるといえます。

チェックするポイントは、売上予測の変動値の確認や初期投資の項目内容、人件費や販売促進費などです。注意点としては、本部に支払う金銭や契約期間の確認などです。これらをしっかり確認することによって、着実に事業を進めることができます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧