不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

クリーングオフできない!?フランチャイズ契約の基本を理解しよう 

不動産事業をいきなり始めるのは不安だという人にとって、フランチャイズという言葉は魅力的な響きを持っています。事業の方法やコツも教えてくれるので、初心者には、まさに嬉しいシステムです。ここでは、フランチャイズ契約とは何かということ、契約はクーリングオフできるかどうかということを解説します。

誰でもすぐに簡単に始められる方法

まずは、フランチャイズ契約について知ることが大切です。フランチャイズ契約というのは、加盟店になることで本部のノウハウを教えてもらいすぐに開業できる方法です。

自分で事業を始めるときには、店舗を探したり、資金を調達したり、おこなうことが非常に多く、開業するだけでかなりの費用や日数がかかることが予想されます。ですが、契約をすることで、店舗を用意する必要がなく、道具などの準備もしなくても、すぐに開業することが可能になるのです。加盟店は本部のブランドを使うことができる代わりにロイヤリティーを支払う必要があります。

不動産のフランチャイズを始めたいと考えてはいるものの、どうしたら始められるかわからない、そして集客方法などのコツを知りたいという人にとっては、いきなり開業するのではなく、まずは大手企業のフランチャイズ店として開業して、事業を学んでいくという方法もあります。

ですが、契約をするときには、不安感もつきものです。実際に契約を交わす前には、そういった不安を払拭しておく必要があります。

仕組みを知っておくことが大切

クーリングオフというのは、不利な状態で契約をした場合、一方的に契約を解除することができる方法です。この方法は、「特定商取引法」で決められたことで、契約またはサービスがその対象になります。

ですが、そこには条件があります。それは、不利な状態で契約を交わしたということです。たとえば、本来は契約を断ろうと考えていたのに、担当者が強引に話を進めてしまったり、強引に契約を迫られた場合です。

そして、消費者が自ら店舗に足を運ばなくては、難しくなります。たとえば、インターネットなどに自らアクセスして、契約を交わした場合には、クーリングオフが難しい場合もあります。クーリングオフをするときには、契約状態も大きく関係しているのです。

このときに、知っておかなくてはいけないのが、このシステムは消費者を対象としていることです。商品を購入したり、サービスを受けている人ができるということを覚えておきましょう。

大切なことは、その仕組みについて知っておくことです。仕組みを知っておくことで、事前にトラブルを防ぐことが可能になります。

契約するときには確認することが何よりも必要

フランチャイズ契約をしても、クーリングオフをすれば安心だと考えている人もいるでしょう。ですが、実はフランチャイズ契約はクーリングオフの対象にはならないので注意が必要です。

なぜなら、フランチャイズ契約の場合は事業契約となるため消費者でない以上、適用されないのです。つまり、1度契約を結んでしまったときには、たとえいかなる事情があったとしても、白紙に戻すことはできないので注意しましょう。

また、契約をするときには、記載されている内容についてもよく熟知しておくことが大切です。契約を交わすときには、そこにリスクがあるかどうかを理解することが大切です。

そして、少しでも疑問に感じたときには、すぐに署名や捺印などを押して契約するようなことはせずに、第三者に相談するようにしましょう。このときに、本部が強引に契約を進めてくるようなことがあったら、断るようにしましょう。

 

フランチャイズ契約は、誰もが簡単にすぐ事業を始めることができるので、利用したいと考えている人も多いでしょう。今まで、企業が育ててきたブランド名を使うことができるので、開業早々すぐに顧客を獲得することも可能です。

ですが、そのときに、詳しい契約内容について理解してないと、後で大きなデメリットとなることもあるのです。1度契約を交わした後は、白紙に戻せないということを知ってから、署名や捺印を押すようにしましょう。場合によっては、弁護士などに相談することも必要です。

また、担当者の言葉に違和感を感じたり、強引に契約を迫られたというときには、断る勇気も必要です。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧