不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

不動産フランチャイズならではのよくある加盟店の条件とは?

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/11/12

不動産フランチャイズに加盟するためには、その不動産会社ごとに定められている条件をクリアしなければなりません。選ぶサービスによって細かい内容は違っていますが、事前によくある条件を知っておくとよいでしょう。すぐにクリアすることが難しいものもあるので、加盟したい場合は早急に内容を確認して準備を進めることが大切だといえます。

宅地建物取引業の免許を保有していること

宅地建物取引業の免許を保有していることが第一条件となっていることが多く、実務経験を必須としているケースも少なくありません。実務経験がなくても認められるケースもありますが、より確実に加盟店への加入を認めてもらう準備をしておきたいのであれば、実務経験を積んでおくことをおすすめします。

宅地建物取引業者として登録している場合はもちろんですが、これから登録予定である場合も認められるケースがあると知っておきましょう。この条件はどの不動産会社を選ぶ場合でも必須のものだと認識し、起業や独立を目指す場合は免許の取得から始めるようにしてください。

これを取得することは簡単だと勘違いしている人もいますが、100時間から500時間の勉強時間が必要だといわれています。これまでの経験や知識、得意や不得意などによって勉強時間は大きく違ってきますが、多くの場合は300時間前後必要になることを知っておくべきです。

膨大な時間をかけて勉強を行って免許を取る必要があるので、条件を満たしていないことに気がついたとしても簡単にクリアできる条件ではないといえます。不動産フランチャイズの加盟店となりたいのであれば、早いうちに宅地建物取引業の免許の取得に向けて動くことが重要です。最も重要な条件だといえるので、この免許の必要性について正しい知識を持っておくようにしましょう。

直営店やフランチャイズ店が出店していないエリアであること

加盟後に営業を行いたいと考えている場所も条件に含まれます。不動産会社は同じエリアにたくさん必要ありません。違うエリアでなければ加盟店になれないケースが多いと知っておきましょう。フランチャイズ店が同じエリア内にある場合はもちろんですが、直営店がある場合も出店できません。

多くの場合は既存エリアの半径何メートル以内に新規出店が行えないというような決まりがあるので、出店したい場所に直営店もしくはフランチャイズ店がないかどうか確認しておく必要があります。地域名が違っている場所に出店するとしても、店舗の位置が近すぎると不可になるケースもあるので気をつけておきましょう。

詳細なルールは不動産会社ごとに設けられているので、条件を満たすかどうか気になる場合は直接問い合わせを行う方法が確実だといえます。宅地建物取引業の免許を持っていたとしても、出店場所の問題で許可が下りないケースも多くあるので注意が必要です。

問い合わせを行う前には公式ホームページなどにルールが記載されていないかチェックを行い、記載されている場合は条件を満たしているかどうか確認しておくことをおすすめします。明確なルールの記入がなかった場合は、直接問い合わせを行って確かめるようにしてください。免許を持っていて近くに店舗がなければ出店できるというケースもあることを知っておくとよいでしょう。

スタッフの人数や導入できるシステム

不動産フランチャイズの加盟店となるためには、免許の有無や出店エリア以外にも条件になる可能性のある事項がたくさんあります。その中でもスタッフの人数を何人確保できるか、インターネットや特別なソフトウェアを導入できるかなどが多いといえるでしょう。

スタッフの最小人数が決められている場合も多く、3人以上いなければ出店させることができないと判断されることが少なくありません。2人や5人などのケースもあるので、しっかりと確認しておくべきだといえます。

不動産売買を行うために特殊なソフトウェアを用いているケースや、インターネットサービスを活用している不動産会社も少なくありません。他の店舗では取り入れることができているシステムが取り入れられなければ、期待するような成果を出すことができないと判断されるかもしれません。

選ぶ不動産会社によって条件の内容や厳しさは大きく違っているので、希望度の高い不動産会社から条件に合致しているかどうかチェックしていくとよいでしょう。実務経験がない場合はこういった内容をクリアすることが難しいケースもあるので、細かな部分をクリアするためにも実務経験を積んでおくと便利です。

細かな条件まで明確に確かめておき、不動産フランチャイズ加盟店としての合格判定を出してもらうために、あらかじめ準備しておくことが大切だといえるでしょう。

 

マンションなどの販売を行いたいのであれば不動産フランチャイズの加盟店となることができますが、加盟したい場合は条件をクリアしなければならないことを理解しておきましょう。難しい内容も多いので、早いうちから確認しておくことが大切です。

不動産フランチャイズ(FC)会社ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名LIXIL不動産・賃貸ショップセンチュリー21アパマンショップピタットハウスエイブル
特徴日本初の不動産フランチャイズチェーン世界最大級の不動産仲介ネットワーク営業社員の応対接客コンテストなどの開催教育研修スタッフが多く、研修体制が整っている人材募集のノウハウや電話システムにも対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧