不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

不動産フランチャイズの契約期間はどのくらい?更新時の注意点とは?

フランチャイズで不動産ビジネスをおこないたいのであれば、本部と契約を結ぶ必要があります。契約を結ぶのであれば、どのくらいの契約期間があるのかをしっかりと確認をしないといけません。期間に関することは、意外とトラブルに発展するところがありますので、どういう点に気を付けていけばいいのかということについて解説します。

期間は1年から10年までまちまちである

契約期間には、1年から3年ぐらいの短期契約と5年以上の長期契約に分かれてきます。期間の定めはフランチャイズ本部に依存するところがありますので、決められた期間を守ることが求められます。

長期契約を結ぶということは、本部からノウハウを提供してもらったり、サポートしてもらったりすることが長期的に可能だということです。本部が加盟店に対して投資をして、その回収に時間がかかるからこそ、長期契約になっているという側面があります。

5年以上の長期契約を結ぶ場合には、期間が長いことを意味していますので、そう簡単に解約することができない点に注意してください。うまくいかないなと思っていてもすぐに止めることができないと思っておいてください。

1年から3年ぐらいの短期契約の場合は期間の定めが短いので、本部は加盟店に投資をしたとしても、すぐにその分を回収することができることを意味しています。比較的事業規模が小さい不動産ビジネスの場合に設定される期間になります。

期間が短いこともあって、比較的柔軟に契約条件を見直すことが可能です。しかし、期間が短いならば更新を頻繁におこなわないといけないという手間が増えますし、更新料をその都度払う必要があります。

契約更新時に注意しておきたいことは

契約を更新する方法は大きく分けて、自動でおこなわれる方法と合意しておこなわれる方法の2種類があります。方法によってどのような形で契約を結ぶのかが違いますので、よく本部側と確認をしてください。

前者の場合は、本部や加盟店が変更や拒否をしなければ、自動で契約が延長されるということです。この場合は、加盟店側から何かアクションを起こさなければそのまま契約の延長がおこなわれます。

後者の場合は、契約が満了する前に本部側が加盟店に対して、契約を合意するのかどうかを尋ねます。加盟店側がそれに合意をしたのであれば、契約が延長されるということです。

もしかすると、フランチャイズ本部側のほうから更新をしないと告げることがあり得ます。加盟店側が契約違反を犯して、本部側の利益を損ねたのであれば仕方がないことですが、契約違反をしているわけではなくきちんと利益を出しているのであれば、弁護士に相談したうえで経営を維持するための訴訟を起こすことになります。

中途解約時に注意しておきたいことは

フランチャイズ経営がうまくいかないときには、中途解約を考えることがあるかもしれません。中途解約とは、契約期間内にフランチャイズ契約を解除することを言います。

一般的に期間内に解約をすることはできないとされています。仮に解約ができたとしても、違約金を支払うようになるはずです。中途解約に関する事項に関しては、契約書に記載されていることですので、しっかりと読みこむことが大事です。

一番望ましいことは、中途解約をしないことに限ります。期間が残されているのならば、それまではきちんと不動産ビジネスを遂行したうえで、満了まで待つというのがいいでしょう。

契約が満了する前に、更新しない旨を本部にきちんと伝える必要があります。ただ、加盟店はしっかりとビジネスをおこなっているにもかかわらず、売り上げが振るわないという場合は、もしかすると本部のサポートが不十分だという風にみなされることがあります。

その場合は、本部が悪いので、違約金を払わずに済むということがあり得ますが、本部がそう簡単に自分たちが悪いとは言わないでしょうから、加盟店側は弁護士に相談の上、裁判を起こして、勝訴を勝ち取る必要が出てくるでしょう。

 

契約期間は不動産のフランチャイズの場合、比較的長めに設定することが多いです。長めに設定できるからこそ、ビジネスを安定させるために本部からノウハウやサポートを利用しやすいです。

しかし、中途解約するのが難しくなるため、期間内に解約することがないようにしなければいけません。契約更新時と中途解約時は特にトラブルが起こりやすいですので、あらかじめ契約書を確認することをおすすめします。契約書を読んでいないことによるトラブルが発生しやすくなりますので、注意をしてください。

何らかのトラブルに遭ったときに、加盟店側に非がないということであれば、場合によっては本部側に対して訴訟を起こしたほうがいいケースがありますので、そういうときには弁護士に相談しましょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧