不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

不動産フランチャイズの契約書で見落としてはいけない重要ポイントとは?

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/24

不動産を取り扱う時に気になるのが物件数です。自分の保有している分だけではなかなか運営しにくいことがあります。そんな時に有効なのがフランチャイズです。ただししっかりと契約書を確認しておかないとトラブルになる恐れもあります。契約前に注意すべき点や見逃しがちな点がいくつかあるので、しっかりと確認しておきましょう。

不動産のフランチャイズ開業には何が必要?

フランチャイズは、ネームバリューを獲得するための有効な手段です。個人ではなかなか得られないブランドイメージを手に入れられるので「安定した顧客をすぐに得たい」といった場合には検討してみるとよいでしょう。

またネットワークの構築も魅力的な点の一つです。不動産を扱う事業にとって最も重要なものは、取り扱い数の多さです。個人で扱う範囲は限られているので、フランチャイズによって取り扱い数を増やすことは事業継続に欠かせないものといえます。簡単にいえば、ネットワークを利用できるグループに入るかどうかを決めるようなものです。

不動産フランチャイズに契約する時は、いろいろな資金が必要となります。たとえば加盟金と呼ばれるものです。契約金と同じようなもので、1度支払ったら完了となります。決まった金額はないので、契約ごとに規定されるものです。中には無料のところもあるので、いろいろと確認してみるとよいでしょう。

店舗に関する費用は設備や内装、看板などの準備金が必要です。フランチャイズによってはネットワークが使える端末を開通する必要があり、準備金はこうした端末や備品のレンタル代金が含まれていることが多くなっています。

その他、万が一の場合を備えて、保証金を必要とされることもあります。運用がうまくいかずロイヤリティが払えない時などに必要となるものです。支払い額に何が含まれるのかは契約書を確認することでわかるため、しっかりと確認しておきましょう。

契約時に注意しなければならない注意点

契約書を見て確認しなければならない注意点は、金銭に関わる点です。まずは開業にかかる費用は何が必要なのかということです。これは契約後すぐに請求されるので、その際に用意できないと締結できないことや、違約金の対象となる恐れもあります。支払いの前には支払い総額だけでなく、そのお金はどのような時に使われるもので、どんな条件によって発生するものかどうかも気にしておくことが重要です。

次に気にすべき注意点は、違約金に関する内容です。どのような場合に発生して、いくらになるのかを知っておきましょう。とくに解約時のトラブルが多いので、辞めたいと思った時にどのような条件があるのかを明確にしておかなければいけません。その時になってから考えればよいと思っていると、違約金が払えないなどの深刻な状態に陥ります。

次に、運用に関する点を確認しておいた方が安心です。広告はどのようにして行うのか、ロイヤリティはいくら必要なのか、その他必要となる諸経費には何があるのかを確認しておきます。加盟金や保証金がないから開業しやすいとの理由で契約したら、運用資金が負担になり続けられないということも考えられます。

まずは1年目にかかる総費用を計算して、漏れがないかをチェックしてみましょう。それが用意した資金で足りるかどうかを確認しておくことが重要です。想定外の支払いは、契約時に確認しておけば防げるものもあります。

見落としがちでトラブルになりそうな点

不動産フランチャイズで気にしなければならない点は、他にもあります。たとえば加盟店の存在です。同じものを扱っている店舗が近くにあれば、顧客の取り合いになるのは当然です。とくに個性を出しにくい不動産を扱う場合には、経営状態は近接した店舗によって大きく変わってきます。加盟店の出店について規定があるか、確認しておくと安心です。

また本部の要求がどこまで影響するかも、重要な注意点です。気がついたら人材採用についても自由にできなかったなんてこともあります。多くの研修があり、その度に研修費用が発生するようなことも考えられます。また、定休日や営業時間についても規定がある場合もあります。

フランチャイズはオーナー店なので個人経営となりますが、契約の内容によっては制約が課せられるものも少なくありません。資金についてのみ確認しただけで契約してしまい、思ったよりも自由がなかったと感じるオーナーもいます。不満があっても改善されるケースは少なく、解約するには違約金が発生します。競業禁止が盛り込まれている契約の場合は、解約後も同業の加盟ができなくなる恐れもあります。

何が制限されるのかを明確にしておき、それでも運営に支障がないかを判断しなければいけません。やってみてからでないとわからないという安易な考え方は、トラブルを招くことになるので注意しましょう。

 

加盟店になることで多くの物件を扱うことができるようになる不動産フランチャイズは、個人店で集客できるチャンスになります。魅力ばかりに目がいってしまいがちですが、とくに金銭に関わる部分には細心の注意を払って、よく理解することが重要です。

不動産フランチャイズ(FC)会社ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名LIXIL不動産・賃貸ショップセンチュリー21アパマンショップピタットハウスエイブル
特徴日本初の不動産フランチャイズチェーン世界最大級の不動産仲介ネットワーク営業社員の応対接客コンテストなどの開催教育研修スタッフが多く、研修体制が整っている人材募集のノウハウや電話システムにも対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧