不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

不動産フランチャイズの契約後から開業までの流れとは?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/14

不動産のフランチャイズを考えている場合、事前にその流れが分かっていればスムーズに準備が進められます。実際に、さまざまな手続きがあるだけでなく普段支払ったことがないようなお金が出ていく可能性はあります。そこで、どのような手続きがあり開業までの流れがどのようになっているかを見ていきましょう。

フランチャイザーに資料請求からスタートする

不動産のフランチャイズをスタートさせる場合には、まずフランチャイザーを選ばなければいけません。選ぶためには、いくつか比較をする必要があるでしょう。実際にどれぐらいのお金がかかるのか、スタートしてからの仕組みそしてロイヤリティーがどれぐらいかかるかなどを慎重に調べていかなければいけません。

この段階であまり足踏みをしてしまうとオープンさせるまでに時間がかかってしまうため、最初からいくつか絞り込んで資料請求をしましょう。資料請求をすると、開業までに必要な流れやオープンしてから何をしたらよいかなどがわかるようになります。

そして資料の中には、見学会や説明会等の予定表が入っていることが多いです。見学会は、実際にオープンしているところを見学することで、実際にどのような動きになっているのかを学ぶことができます。たくさんの話を聞くよりも、直接目で見たほうがわかりやすいためこのような仕組みをとっているわけです。

説明会に関しては、オープンさせたときにどれぐらいの収益になるかなどを説明していきます。個別相談会などもおこなわれていますので、このときわからないことなどを積極的に質問してみましょう。もしお金がない場合には、融資に関する相談なども受け付けています。

審査から契約成立までを見ていこう

不動産フランチャイズ契約をする場合には、審査が必要になります。審査とは、フランチャイザーがフランチャイジーに対して本当に契約を結んでも大丈夫かを審査することです。フランチャイジーの中には、契約を結ばない方が良い人がいるのも事実です。

例えば、お店を開いた場合、悪い評判などが頻繁に出てくることがあるでしょう。多少悪い評判が出ることがあるかもしれませんが、ひたすら悪い評判ばかりのフランチャイジーはフランチャイザーにとっては大変迷惑な存在です。

下手をすれば、フランチャイザー自体の名前に傷をつけることになるでしょう。そのような場合はフランチャイザーに対して多大な迷惑をかけてしまう可能性があります。このような場合には、審査に通らない可能性がありますが通常はほとんどの場合審査に通ると言って良いでしょう。

そもそもフランチャイザー側としても、可能な限り多くの人と契約を結びたいと考えているため、ちょっとした理由で断る必要もないわけです。よほど問題がなければ、審査を通す仕組みになっているはずです。

審査に通った場合には、法定開示書を用いてフランチャイザーの方が事業概要などを説明していきます。その後加盟申し込みを受け付けて正式な加盟契約をすることになります。

契約からオープンまでの流れを理解しよう

正式な契約をしてからは、立地開発をおこなっていきます。フランチャイズの店舗をどこにするか明確に決めていくわけです。このとき、フランチャイザーの方で過去のデータベースから一体どのような場所が1番お客さんが入るか考えていき、1番良い場所を選ぶことになるでしょう。

通常は、テナントを借りることになりますが、テナントの中でも毎月支払える位の費用に設定されることになるでしょう。そして、フランチャイジーの方で特に問題がなければそのまま契約が成立しますが、もしその段階で立地に不満があれば断っても問題ありません。ただし、あくまでフランチャイザー側が資料を用いて判断したところになりますので、もし断りを入れるとしてもしっかりとした根拠が必要になります。

その後、店舗をオープンする準備をしながら、研修をおこなっていきます。研修は1週間に1回を1ヵ月程度おこなうところから2ヶ月程度おこなうところがあります。

その間にさまざまな準備を進めていき、研修が終わった頃には広告や宣伝などもおこない、本格的にオープンすることになります。オープンの準備をしているときには、スタッフなども募集する流れです。

 

不動産フランチャイズ契約をする場合の流れは、まずフランチャイザーを決めていきその後説明会や見学会に参加します。問題なければそのまま契約をすることになりますが、このとき審査が必要です。

審査に通れば、後は法定開示書類等をフランチャイジーが受け取り立地開発をする流れです。開発をしながら、研修やオープンの準備そしてスタッフの募集などをおこなってそれらが完了すれば開業できるでしょう。それまでにかかる時間は、2ヶ月から3ヶ月程度になります。

不動産フランチャイズ(FC)会社ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名LIXIL不動産・賃貸ショップセンチュリー21アパマンショップピタットハウスエイブル
特徴日本初の不動産フランチャイズチェーン世界最大級の不動産仲介ネットワーク営業社員の応対接客コンテストなどの開催教育研修スタッフが多く、研修体制が整っている人材募集のノウハウや電話システムにも対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧