不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

信頼できる不動産フランチャイズはどこ?選び方のポイントとは?

フランチャイズを利用して起業するのに興味を持ってはみたものの、不動産業で独立しようとすると加盟先の候補がたくさんあり選ぶのが難しくなりがちです。どのような選び方をすると安心して良好な関係を保っていくことができるのか、見極めのポイントを紹介します。

加盟店の数が増えていることが重要

不動産フランチャイズが信頼できるかどうかは加盟店の数で判断するのが最も簡単な方法です。加盟している店が事業エリアとしている範囲にたくさんあり、さらに数が伸び続けているようであれば信頼できると考えられるでしょう。

もし加盟したけれどうまく経営を続けていくことができなかったり、経営不振が見られたので契約破棄されてしまったりしたというような状況があれば、加盟店の数は減っていくことになります。

たとえ加盟するのにメリットがあったとしても、だんだんと口コミで問題点が認識されるようになり、誰も加盟しなくなってしまいます。そのため、安定して加盟店の数が高く、さらに増えていく様子があるのであれば安心して加盟できるのです。

ただ、気をつけなければならないのが加盟店の数が多くても増えていない場合です。この場合にはややリスクがあり、数が多いから新たに加盟している店も多いものの、離脱してしまっている店も同じくらいあるということが推察されます。

単純に加盟店の数が多ければ良いわけではないと理解し、各社が公開しているデータに基づいてしっかりと数が伸びているところを候補として挙げるようにしましょう。

加盟店の人気が高いかを調べてみよう

不動産フランチャイズの良し悪しを見極めるうえで重要なのが、実際に加盟している店が一般の消費者から好まれているかどうかを確認することです。信頼できるサポートを続けているのであればどの店舗もそれなりの人気があり、ランキングサイトや口コミサイトなどで高い評価を得ていると考えられるでしょう。

このようなサイトで加盟店がどのような評価を受けているかを見てみると魅力的なサポートを丁寧におこなっているところかどうかを見極められます。特に口コミの評価に基づいてランキングが決まる仕組みになっているサイトを見てみると、有力候補がどのフランチャイズなのかを速やかに判断できるでしょう。

不動産業界でブランドネームがどれだけ知られているかという観点で考えてみるのも良い方法で、不動産の仲介業などについての口コミを広く閲覧してみてどのフランチャイズ加盟店が話題になっているかを見てみましょう。

よく話題になっているところであれば知名度が高く、適切なサポートをして加盟店を成功に導いていると考えられます。ブランドネームもよく知られていることから、加盟したメリットも大きくなるのも確かです。

最後の判断基準は担当者の付き合いやすさ

加盟店の数や人気から不動産フランチャイズの加盟先がどのくらい信頼できるのかを判断できるのは確かですが、それでもなおどこがベストなのかで悩んでしまうことは珍しくありません。

甲乙付け難いような加盟先が複数見つかることがよくあるからです。このようなときの選び方として、数字にできるデータではなく、利用しやすさという観点を重視してみるのも大切です。

開業をするときや経営で悩みが生じたときなどには担当者とやり取りをしてサポートを受けていくことになります。フランチャイズに加盟することを考えていると相談を持ちかけたときの営業担当者が、起業した後もずっと担当者として連絡先になるのが一般的です。

その担当者と付き合いやすいかどうかによって選ぶのは失敗が少ない方法でしょう。安心して本音を話せる相手であれば不安も払拭しやすくなるからです。

本音を話せるということは相手が信頼できるということにも直結するので、悩んだときには問い合わせをして営業担当者と話をしてみるようにしましょう。話が合うかどうかを見極める目的で相談をしてみても問題はなく、契約をしなければ費用が発生することもありません。

最後の判断基準として担当者との付き合いやすさを考えておくのが、加盟先を決めて失敗してしまわないようにするための秘訣です。

 

信頼できる不動産フランチャイズに加盟したいと考えるのはもっともなことで、加盟店が多くて増えてきているのであれば安心できるでしょう。また、加盟店の人気も高くて消費者から好んで利用されているのであればしっかりとしたサポートをしていると考えられます。ランキングサイトや口コミサイトを使うと消費者がどのように捉えているかを確認することが可能です。

最後の判断基準としてはフランチャイズの担当者の付き合いやすさを挙げておきましょう。気軽に本音を言える担当者であれば起業するタイミングや経営をしている中で困ったときにも誠実に対応してもらえると期待できるからです。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧