不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

不動産フランチャイズは人材教育制度で選べば後悔しない!その理由とは?

公開日:2020/06/01  最終更新日:2020/06/03

不動産フランチャイズを選ぶ際、後悔しないようにするために注目すると良いのが人材教育制度の内容や充実度です。他にも気にかけるべき点がたくさんあるのは確かですが、なぜこの点が重要になるのでしょうか。よく知られている理由を確認し、本当に決定打とすべきポイントなのかどうかを判断しましょう。

自分のスキルアップをするのに適しているから

不動産フランチャイズを利用して起業したいというときにはまず少人数から始めることが多いでしょう。宅地建物取引士の資格を持っていて業界でも経験を積んでいる人の場合には一人で独立して起業をしようと考えることもよくあります。

このようなときのサポートとしてフランチャイズは優れているので利用している人も多くなっています。その選び方として人材教育制度を重視すると自分を成長させてさらなる成功に向けて躍進できるのがメリットです。

自分をスキルアップさせるのに適しているからという理由で最も大切な観点として着目している人が多くなっています。希望に応じてセミナーや研修などに参加することができ、営業やマーケティングなどのノウハウを伝授してもらうことが可能です。

担当しているエリアの物件のトレンドなどについての勉強会も実施されていることが多く、フランチャイザーが調査した内容に加えて勉強会に参加した人からの口コミ情報も手に入れることができます。

いろいろな角度からスキルアップをする機会を手に入れられるので、働きながら成果を上げられるような能力が身につき、大きな成功に向かって躍進できるのです。

従業員を雇ったときに手間がかからないから

人材教育制度が充実しているフランチャイズを選ぶ理由として、従業員を雇ったときに困らないという点も挙げられます。最初は一人や二人で事業を始めたとしても、だんだんと人気が出てくるとその人数では対応しきれなくなってしまいがちです。

新しく従業員を雇って働いてもらおうとしたときに、なかなかベテランの人を雇うことはできないでしょう。ある程度の知識がある、事務作業を得意としている、接客業の経験があるなどといった人を雇い、不動産業についての知識やマナーを身につけながら働いてもらうというのがよくあるパターンです。

そのためには基礎からの教育が必要になりますが、業務をこなしながら教育もするのは大変になりがちです。特にフランチャイズの場合にはブランドに対する意識を持ってもらうことも重要になるため、座学的な教育もしなければならないでしょう。

入社時の人材教育を一手に引き受けてくれる制度があれば安心なのは明らかです。フランチャイザーとしても引き受けることで徹底したブランド教育をすることができ、ブランドバリューをより高めていくための下地を作れます。このような点から積極的に人材教育に関与するところも多くなっているのが現状です。

従業員への福利厚生にもできるから

人材教育制度がどのように整えられているかは加盟先によって大きく異なります。その仕組みによっては従業員への福利厚生として位置付けられるからという理由で選ぶ基準として重視している人も多くなりました。

従業員として雇った人には高いモチベーションを持って働いてもらうことが重要で、さらに教育をする以上は長く働いてくれることも大切になります。福利厚生はそのために欠かせないもので、従業員の満足度が高まるような内容が盛り込まれていると喜んで働き続けてくれるでしょう。

人材教育制度として例えば自分の興味を持っている内容のセミナーに参加できるといったものが定められていると、自己啓発や自己研鑽の機会を得られるという点で魅力的な福利厚生として捉えてもらえます。

フランチャイズ加盟店となることでフランチャイザーが運営しているセミナーや勉強会などに参加できる仕組みになっていることが多く、従業員も参加させられる場合がほとんどです。内容が充実していて従業員にとって魅力が大きいセミナーがたくさんあるところを選んで契約すれば従業員を囲い込みやすくなります。

安定した経営を続けていくためには従業員を適切な数で維持できるようにするのが大切なので、福利厚生としての自己啓発や自己研鑽の機会提供というのは魅力が大きいのです。

 

不動産フランチャイズを使って起業するときに注目しておくと良いのが人材教育制度の充実度で、その内容の良し悪しを基準にして加盟先を決めているケースも少なくありません。自分がスキルアップをして大きな成功を遂げられるようになる可能性が高まるだけでなく、従業員を雇用したときに適切な教育をしてもらうこともできるからです。

さらに従業員の福利厚生としてセミナーや勉強会に参加させられる仕組みになっている場合もあります。教育の負担を軽減しつつ、優秀な人材にずっと働いてもらえるようにすることにつながるので、人材教育制度を重視してフランチャイズの加盟先を検討するようにしましょう。

不動産フランチャイズ(FC)会社ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名LIXIL不動産・賃貸ショップセンチュリー21アパマンショップピタットハウスエイブル
特徴日本初の不動産フランチャイズチェーン世界最大級の不動産仲介ネットワーク営業社員の応対接客コンテストなどの開催教育研修スタッフが多く、研修体制が整っている人材募集のノウハウや電話システムにも対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧