不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

不動産フランチャイズで失敗しないために知っておきたい注意点とは?

不動産フランチャイズは、知名度の高い名前を使って営業することができるので、集客効果と信頼性があるというメリットがあります。その一方で、注意しなければならない点も何点かあるので、今回はそのことについて紹介します。

どんなメリットがあるか理解しよう

不動産フランチャイズで失敗しないためには、どんなメリットがあるのか理解することが大切です。まずメリットとして挙げられるのは、大手の看板が使えることです。

もしフランチャイズをおこなわないで独立した不動産会社を開業したとしても、初めの内からお客さんがたくさん来るようなことは難しいのではないでしょうか。しかしフランチャイズに加盟することによって、誰もが知っている名前で看板を出すことができるので、お客さんが来ないというような苦労をある程度緩和させることができます。

加盟店同士の横のつながりができるという点もメリットの一つです。経営者は一人で経営しなければならないので、悩みを相談したくてもなかなか他の人に相談することができません。

しかし加盟をすれば横のつながりがあるので、他の加盟店の経営者と悩みを分かち合うことができます。それによって他の加盟店の成功例や失敗例を知ることができ、経営に関する情報を増やすことが可能です。

研修を受けられるという点も、メリットの1つであるといえます。一人で事業をおこなっていると誰もアドバイスをしてくれないので、手さぐりの状態のまま始めることになります。それが不安でアドバイスがもらえるようにコンサルを依頼すると、多額の費用が発生するケースもあります。

しかし加盟すれば、定期的に本部から研修を受けるように指導があるので、多額の費用をかけなくてもスキルをアップされることができます。

どんな点に気をつけなければならないのか

不動産フランチャイズには多くのメリットがありますが、気をつけなければならない点もあります。それは何かというと、加盟時に加盟料が発生する点です。すでに不動産会社を経営しているのであればある程度の資金がありますが、独立をしてフランチャイズをするのであれば、その料金は結構高いので注意が必要です。

不動産売買フランチャイズによって、その加盟料はそれぞれ異なりますが、およそ100万~300万円程度かかります。それに加えて開業資金も用意しなければならないので、まとまったお金が必要です。

他にもロイヤリティーが発生するという点も注意する必要があります。この経営法だと毎月もしくは毎年定められたロイヤリティーを本部に支払わなければなりません。その金額は、月額固定や売上の何%などさまざまなものがありますが、ロイヤリティーがあることによってその分固定費が上がることになります。

出店が制限されるという点も注意点の一つです。多くところではエリア制を設けているので、既存店舗が開業しようと考えていた場所の近くにある場合は気をつけなければなりません。既存店舗の半径何メートル以内は、店舗を出店することができないなどの規制を敷いている場合があるからです。そのことによって希望のエリアで出店できない場合もあります。

契約書をしっかり確認することも大切

不動産フランチャイズ経営をするのであれば、契約書をしっかり確認することも大切です。まず理解しなければならない点は、どの契約書も本部寄りになっているというケースがほとんどです。

初めて契約書を見ると、加盟店側に義務を負っていることが多いので、加盟店が不利なのではと感じることが多いのではないでしょうか。それは気のせいではなく、実際にそのとおりな場合もあるので注意が必要です。

本部は全加盟店を保護することを目的に、契約書を作成しているという特徴があります。加盟店側の義務が多く、もし違反をしたら違約金が発生するのはそのことが原因で他の加盟店の損害を出さないためです。

1つの加盟店が社会的によくない行為をしてしまうと、同じ看板を掲げている他の加盟店も同じようにみられてしまいます。そのことを未然に防ぐために、抑止力として加盟店側の義務が多い契約書になっています。

中にはそのような制約がない契約書もまれにあります。加盟店側に義務が少ないので一見するとメリットのように感じてしまいますが、逆に注意が必要です。なぜなら他の加盟店が問題を起こす可能性があるからです。契約書というものは本部の姿勢を表しているものなので、契約書から本部が未然にリスクに対する対策をおこなっているかどうかを確認するようにしましょう。

 

不動産フランチャイズについて、注意しなければならない点を理解することができたでしょうか。不動産フランチャイズは大手の看板を掲げることができたり、加盟店同士の横のつながりがあったりさまざまなメリットがありますが、注意しなければならない点も何点からあります。それは加盟料やロイヤリティーが発生する点や出店が制限されてしまう点です。

他にも契約するときに交わす契約書もしっかり確認しなければなりません。本部の多くは加盟店側に負担を負わせるケースが多いですが、それは他の加盟店をリスクから守るためです。反対に自由度の高い契約書だと、他の加盟店が問題を起こす可能性があるので注意しましょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧