不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

不動産業界未経験でもフランチャイズで開業できるのか調べてみた!

不動産業界で全く働いたことがないけれど仲介などの仕事に興味を持つ人もいるでしょう。未経験ではさすがに難しそうだと諦めの気持ちが生まれてきてしまうこともありますが、実はフランチャイズならできる可能性があります。本当に業界経験が一切なかったとしても事業を立ち上げられるのかを調べてみました。

事業を立ち上げるのに必要なこと

不動産業界で事業を立ち上げるためには何が必要なのかをまずは確認してみましょう。事務所を置いて売買をしたり、売買の代理をしたり、売買や賃貸の媒介をしたりするためには宅地建物取引業の免許が必要になります。

申請書類を準備して都道府県の担当部署に提出し、1ヶ月から1ヶ月半くらいの審査を受けなければならないというのが原則です。この審査では法律で定められている要件を満たしているかを広く調査されることになります。

事業を立ち上げるためにはその要件を満たすことが最低条件だと考えるようにしましょう。具体的に求められているのはたった二つで、宅地建物取引士の資格を持っている人が必要数確保できていることと、事業をおこなう事務所が消費者にとって不利益にならないような仕様になっていることです。

事務所要件についてはきちんと必要事項を調べていけば、誰でも条件を満たす事務所を用意することができます。ただ、未経験で開業したいというときに問題になるのは宅地建物取引士の有資格者が必要になることです。法律に従うと従業員5人につき1人以上の宅地建物取引士が事務所で働いていなければなりません。

今まで不動産業界で働いたことがない人は資格を持っていないことが多いでしょう。そのため、この問題をいかにして解決するかが重要になります。

宅地建物取引士を確保する方法は二つある

起業したいと思っていた人は宅地建物取引士を確保するにはどうしたら良いのかと悩んでしまうかもしれませんが、対策は二つあるのでどちらが良いかを考えてみましょう。

まず、自分が宅地建物取引士の試験を受けて資格を取得してしまう方法があります。勉強しなければならない内容が多く、一般的には専門学校などに通って勉強することになります。たった今、事業を始めなければならないといった事情がないのであれば、専門学校で学んで資格を取得してから開業を目指せば良いと考えられるでしょう。

一方、起業する人が資格を持っていなければならないと定められているわけではないので、従業員の中に宅地建物取引士がいれば大丈夫です。そのため、人材を雇用して必要数の宅地建物取引士を確保する方法も選べます。一般に求人募集をしたり、人材紹介会社を使って紹介してもらったり、家族や親戚などから資格を持っている人を探して協力を頼んだりする方法があるでしょう。

フランチャイズなら開業しやすい

宅地建物取引士の確保は未経験の人が開業するときに大きな課題になりますが、フランチャイズを活用すれば比較的簡単になります。資格を持っていなくても事業をしっかりとおこなっていこうという意欲があり、事業資金や事務所などの用意ができるのであれば契約してくれるのが一般的です。

資格がなくても事業をおこなえるようにするにはどうしたら良いかもよく理解しているので、資格を取得するための専門学校を紹介してくれたり、自分が資格を取得する気がないなら人材を探してくれたりするのです。場合によっては他のフランチャイズ加盟店で働いている宅地建物取引士を一時的に出向させてくれて、正式に採用する人が見つかるまでの間も事業をおこなわせてくれることすらあります。

このような人材確保の問題を解決できるだけでなく、事務所要件を満たすにはどうしたら良いかを細かく教えてくれるなど、開業に向けて重要なサポートをいろいろな角度から受けられるのも魅力です。

事業を始めてからも業界に関するノウハウに基づいたアドバイスを受け続けることができるため、今まで全く経験がなかったという人でも成功できる可能性が高まります。特に未経験の人の場合にはフランチャイズの加盟店として起業することを検討するのが賢明なのです。

 

不動産業界での経験が全くない人が独立起業に興味を持って不動産業を営みたいと考えることもありますが、経験がないと不安が募ってしまいがちです。

この業界では宅地建物取引業の免許を取得することが必要で、要件を満たすために宅地建物取引士の資格を持っている人を確保しなければなりません。自分で資格を取得してから開業するという選択肢もありますが、従業員として資格を持っている人を雇うことでも解決できます。

フランチャイズに加盟すれば宅地建物取引士の採用をサポートしてくれるだけでなく、他の加盟店から一時的に出向させてくれる場合もあるのが魅力です。独立開業に関わるいろいろなノウハウも伝授してもらうことができるので、悩んだときにはフランチャイズ加盟店になることを検討してみましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧