不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

不動産フランチャイズ契約の前に違約金の種類や内容を確認しておこう

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/10/05

不動産フランチャイズ契約をすれば、実に短期間で集客力の高い店舗が経営できるようになります。有名な会社の看板を借りられることもあり、なるべく簡単に開業したいという場合にはうってつけです。しかし、実際に利用する際には違約金や契約条件については気をつけておきたいところ。よく理解せずに契約すると、後悔につながることもあります。

そもそも不動産フランチャイズ契約とは

まず、不動産フランチャイズ契約についてまず紹介しましょう。不動産フランチャイズ契約とは有名な不動産屋のブランドを借りて新たに開業すること。全国的に展開しているような不動産屋の場合、何らかの不動産フランチャイズ制度を設けていることがほとんどです。

こうしたフランチャイズ契約を結ぶには宅建を始めとした資格も必要となります。また、契約後は研修なども用意されており、手厚い支援が受けられるのも特徴になっています。フランチャイズ契約を結ぶ最大のメリットは手厚い支援と有名なブランドの看板を借りられることであり、「あのブランドの不動産屋だから大丈夫」と開業後も自然と相談内容が増えてきます。

しかし、月額費用や業務を開始する前に高い契約金を払う必要があるというデメリットもあります。何よりも違約金があることに注意しておくべきです。違約金の種類・内容もさまざまであり、契約時には契約規約を熟読しておかないといけません。

違約金は厄介なものに思えるかもしれませんが、違約金は不動産ブランドを守るためにも必要なものでもあります。違約金がないと各加盟店が各々好きなことをするようになってしまって、ブランドとしての整合性もなくなってきます。このため、制裁金等は自分のブランドを守るためにあるものだと理解して、しっかりと規約違反しないようにすることが大事になってきます。

どんな違約金があるのか

違約金の種類は実に多様です。たとえば、フランチャイズの方針とは異なる営業や集客を行うと問題になることがあります。禁止されているのにインターネット広告を用いた集客をしたりする場合には、違約金が発生することがあるので気をつけてください。

他にも、年ごとや月々発生するロイヤリティを期日までに支払うことができないと、違約金の発生や廃業の危険性すらもあります。ロイヤリティについては規約でも詳細に定められていることが多いので、この点は契約時にじっくりと確認しておきましょう。ロイヤリティが支払えないために、不動産フランチャイズ契約後に廃業するというケースが跡を絶ちません。

契約をする際にはマニュアルを徹底的にたたきこまれますが、このマニュアルに則らないような営業スタイルの場合にも違約金が発生することがあります。どんなブランドにもそれぞれのやり方があるので、もしもそれまでに不動産屋で働いた事がある場合でも、まずはブランドのやり方に慣れないといけません。

言ってみれば、違約金はブランドとしての整合性を保つためにはなくてはならないものになっています。もしも、制裁金を課されたらすぐさま支払うことも大事です。支払いが遅れると利子がついたり、延滞反則金等がかかったりして、ますます事態は悪化してしまうので注意しましょう。また、問題のある加盟店として本部から目もつけられます。

不動産フランチャイズ契約もさまざま

違約金がどれくらいかかるのか、またどのような事項が禁止されているのかは不動産フランチャイズ契約次第です。中にはかなり自由な経営を許してくれるところもあれば、ルールだらけのギチギチとしているところもあります。このため、契約を結ぶ際にはしっかりと規約については確認しておかないといけません。最悪の場合、ペナルティの支払いがかさんで廃業することになる危険性もあります。

実際に契約を結ぶ前に実際にフランチャイジーの声も聞いてみることをおすすめします。実際に働いている人の声を聞けば、契約してよいフランチャイズなのかどうかもわかってきます。一生の決断になりますから、なるべく契約前に時間をかけて調査しておきたいところです。

いずれにせよこうしたフランチャイズによる開業は簡単に開業でき、有名な不動産屋の看板を借りられるメリットがあります。しかし、その一方でルールをきっちりと守り必要があり、ロイヤリティを収めないといけないなどの制限はあります。大事なことは開業する際にしっかりとフランチャイズの実態を知っておくことでしょう。

最後になりますが、そもそも開業が向いているのかどうか検討してみるのも大事です。人によってはリスクのある開業をするよりも、一スタッフとして働くのが向いている人もいます。しかし、開業することで得られる自由はたまらないものです。

 

フランチャイズの契約をする前には考えておきたいことがいくつもあります。この記事で紹介したことはその一つに過ぎません。こうしたことはあまり知られていないですが、実際に開業する際にはじっくりとフランチャイザーを比較検討することも大事です。

不動産フランチャイズ(FC)会社ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名LIXIL不動産・賃貸ショップセンチュリー21アパマンショップピタットハウスエイブル
特徴日本初の不動産フランチャイズチェーン世界最大級の不動産仲介ネットワーク営業社員の応対接客コンテストなどの開催教育研修スタッフが多く、研修体制が整っている人材募集のノウハウや電話システムにも対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧