不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

不動産フランチャイズで開業を目指すなら準備しておくべきこととは?

不動産屋をするときにフランチャイズを利用する手段があります。本部に加盟をして営業をおこなうもので、自分で開業をするよりも楽です。これからフランチャイズ加盟をして商売をするときには準備があるので理解しておきましょう。

FCとはどんなものなのか理解するのが大事

これからフランチャイズを利用して不動産屋を開業するときには本部のFCについて理解しておく必要があります。フランチャイズというのは本部に加盟をして営業をおこなうスタイルです。そのため自分で店舗取得をする必要がなく、自分で開業をするよりも非常に楽です。

また本部加盟をするときには加盟金が必要になるので注意しておきましょう。加盟金は初期費用として必要なもので、どこに加盟をするのかにより必要な資金が違います。FCにおいて加盟金は絶対に必要になるものなので用意しておきましょう。

ちなみに自分で土地を保有していて、店舗として利用する場合は加盟金が安くなるといったメリットがあります。一部のFCでおこなっているプランなので、なるべく初期費用を抑えたいときに便利です。

基本的にFCは営業をするにあたってロイヤリティーというランニングコストが必要です。ロイヤリティーは定期的に本部に支払うものなので注意しておきましょう。ちなみに自分の土地を店舗に使う場合、支払うロイヤリティーが低くなる本部もあります。

ロイヤリティーの算出方法として、粗利配分方式と定額方式、売上歩合方式があります。売上歩合方式は最もポピュラーなもので、事前に設定されたパーセンテージ分のロイヤリティーを本部に支払うシステムです。

定額方式は売上金額に関係がなく、規定数のロイヤリティーを本部に支払います。コストが非常にわかりやすいシステムなので複雑さがありません。売上が多くなるほど手元に残る金額も多くなるのが定額方式のメリットでしょう。

粗利分配方式は総売上から売上純利益を元にしてロイヤリティーを計算するものです。売上高に応じて支払うコストが変動するシステムで本部と加盟店で利益を分けるといった内容です。

本部の方針を比較する必要がある

不動産屋のフランチャイズを利用するときに知っておきたいのが本部の性質です。それぞれの本部によって方針などに違いがあるので注意しておきましょう。

自分の性格をマッチしない方針の本部に加盟をしてしまうと、うまく営業ができない場合があります。成長性のある業者だったとしても、うまくサポートを受けることができないといったトラブルもあるので気をつけないといけません。

そこで各本部の経営に対するビジョンはどんなものなのか確認するのがおすすめです。ビジョンを見ればどのような方向性で営業をおこなっているので、将来の展開なども把握できます。

例えば常に市場の動向を確認している本部なら、不動産業界の動向を考慮してトレンドの営業をすることが可能です。業界全体の動きが変化したときも柔軟に対応しやすいといったメリットがあります。1社だけでなく複数のFC本部の資料を取り寄せて比較をしましょう。各資料にはビジョンから営業に対する考え方などを確認できます。

また口コミなどもチェックしておくと安心です。口コミは実際に加盟した人たちの情報を集めることが可能です。リアルな声を知ることができるので、ミスマッチを防ぎたいときに口コミは使えます。

どこまで支援をしてくれるのか確認しよう

フランチャイズは営業や商売の知識が全くなくても利用できるサービスです。どうして知識がなくても商売できるのかというと、本部がしっかり支援をしてくれるからです。ここで注意しておきたいのが本部のサポート能力でしょう。基本的にフランチャイズでは本部が研修などの育成もおこなってくれます。

例えば接客の研修をしてくれるので、知識がない人でも気軽に不動産屋を始めることができます。その際どこまで研修をおこなってくれるのかは大事な部分です。研修制度に問題があると、社員育成もうまくいきません。

また資料に書かれているサポートをおこなってくれないといったトラブルも起こります。宣伝においてもどこまでしてくれるのかを調査しましょう。サポート能力の質は営業をするにあたって重要な部分なので、特に注意しないといけません。

 

不動産屋のフランチャイズは知識がない人でも加盟して営業ができる優れたサービスです。利用をするときには加盟金以外にロイヤリティーといったものがかかります。ロイヤリティーは本部により方式が違うので注意しておきましょう。

またFCをするにあたって本部の方向性も重要になります。将来を見据えたビジョンで営業をおこなっているのなら、業界の変化にも柔軟に対応できます。

FCは本部の支援も重要になるので注意が必要です。例えば社員研修はどこまでおこなってくれるので、宣伝はどれくらいしてくれるのかを確認しておきます。FC加盟をするには本部の情報収集が必須になるので理解しておきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧