不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

不動産フランチャイズを始めよう!物件の選び方のポイントとは?

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/05/14

不動産フランチャイズを始めるにしても、看板だけで商品に魅力がないのなら、消費者もガッカリしてしまいます。もちろん、加盟金などを含め、加盟したいところを選び出すことも必要ですが、それと同時に、中身も大事であり、物件の選び方のポイントを知っておくことで利益を生み出せるでしょう。

まずは加盟するところを選び出そう

不動産会社勤務であり、営業として知識やノウハウを培ったのなら、将来的に独立して不動産事業を開業することもありですが、フランチャイズという一法もあります。これは、加盟金を支払って看板を借り、店舗経営ができるシステムです。

誰もが知る大手の名(看板)を借りて経営ができれば、それだけで消費者に信頼感をあたえることができるでしょう。やはり無名よりも足が運びやすく、相談もしやすいはずです。

フランチャイズに加盟することで、大手やパイオニア的存在となる『ブランド』を獲得できるほか、集客やノウハウまで得ることができます。知名度が高く、なおかつ規模も大きいならば、それなりに広告宣伝も期待でき、自分の店舗の知名度までが必然的にあがるでしょう。

まずは、説明会に参加してから契約を結び、スーパーバイザーと面談をしたり、本部で研修をしたりという開業までの流れがあります。もちろん、加盟するフランチャイズの選び方がポイントになりますが、それだけでなく、不動産という商品に魅力がなければなりません。始めるにしても、物件の選び方のポイントを知っておきましょう。

戦略などのためにはマーケティングもポイント

加盟することで特典となるのは、公式サイトや加盟店専用サイトで物件情報の公開ができることです。その物件掲載件数も無制限で、反響などもしっかり分析できます。まずは、加盟するエリアに特化していることでしょう。戸建て住宅にしても、マンションでも、立地の絞り込みから始まります。

加盟店同士の競争化を避けるべく、同じエリアでの経営ができないことも説明を受けるはずです。建物がいくら気に入っても、希望と異なるエリアに立地している場合には選択肢から外す人も多いでしょう。

また、看板を借りるのですから、その不動産会社の得意分野で勝負するのも忘れてはなりません。賃貸なのか・建てるのか・投資なのか、こうしたジャンルで絞ることもポイントでしょう。

そして何より、広い視野と地道な情報収集で市場を探るマーケティング手法もポイント高です。調査方法も、消費者やモニターへのアンケート調査などがありますが、インターネットも活用できます。

調査テーマも、商品の特徴や価格のほか、広告戦略、流通ルート、販売手法など幅広いものです。もちろん、組織体制がどう築かれているか、自分の店舗がどの分野に重点を置き、どのような戦略で展開していくのかがポイントです。

しかし、本部でもこうした情報を提供してくれるサポートはしっかりしていますから、利用できるのならば利用しましょう。

消費者感覚で物件を選んでみよう

物件選び方のポイントは、汎用性の高い不動産となるでしょう。多くのユーザーの共感を得るものであり、例えば、立地ならば駅近がおすすめで、日常的な買い物に不便がなく、飲食・物販・サービス店舗も近く、学校や病院などがあれば十分でしょう。

ただし、条件が良いのであれば、売り出す価格も高くなりますから、街の将来性と土地のリスクを知っておきましょう。そうなれば、新しい住宅より古い住宅のほうがいい場所に建っているケースが少なくありません。

汎用性の高さを引き当てるには、新築より中古かもしれません。それだけ価格も抑えられるでしょうし、リフォームやリノベーションで生まれ変わらせることまで可能です。物件選び方のポイントは、地歴がいいだけでなく、建物のグレードや価値を維持できることにもあります。

また、震災以降、住まい手が求める建物の立地条件には変化も見られています。海からの距離や高台を意識する人というのが確実に増えているようで、しばらくは、こうした消費者感覚が流通価格に反映される可能性もあるでしょう。

マンションは人気のトレンドにも波があり、賃貸仲介ならば生活に役立つ情報を提供したり、家具家電付きであったり、マンスリーマンションなどを選んでみましょう。戸建て住宅ならば、エコ住宅であり、省エネ対応製品の需要が伸びているため、リフォームをしたいユーザー目線で選んでみてもいいかもしれません。

 

開業するにも集客がカギになります。だったら、不動産フランチャイズを始めてみるのも一法です。それだけの看板を借りることができれば、その看板の影響力により、集客に繋がります。

もちろん、看板を借りても物件選び方が必要で、商品に魅力がないのならば、フランチャイズの意味もなくなります。マンションやアパート、戸建て住宅などの種類があり、賃貸や建てるというスタイルがあります。ポイントは、消費者感覚であるということです。

不動産フランチャイズ(FC)会社ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名LIXIL不動産・賃貸ショップセンチュリー21アパマンショップピタットハウスエイブル
特徴日本初の不動産フランチャイズチェーン世界最大級の不動産仲介ネットワーク営業社員の応対接客コンテストなどの開催教育研修スタッフが多く、研修体制が整っている人材募集のノウハウや電話システムにも対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧