不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

不動産フランチャイズの投資回収期間の目安はどのくらい?

公開日:2021/02/15  最終更新日:2020/11/12

フランチャイズといえば、すぐに頭に浮かんで来るのがコンビニ店ではないでしょうか。不動産事業にも不動産フランチャイズというのがあります。その存在すら知らない人の方が多いくらいですが、不動産事業にも不動産フランチャイズがあるのです。不動産フランチャイズの投資回収期間は、一体どの位を目安としておけばよいのでしょうか。

不動産フランチャイズの投資回収期間

不動産フランチャイズのシステムは、地球の裏側のアメリカで初めて開発されました。最初はあまりヒットしませんでしたが、しばらくするうちにどんどんその需要を増してきました。それには理由があります。膨大なドルがその行き場を失ってしまったからです。その波ははるばる太平洋を越えて日本にまで押し寄せてきました。

近年日本でも不動産事業においてフランチャイズによる独立開業が増えてきています。しかし日本ではこの事業は始められたばかりで、心配をする人たちの方が多いくらいのものです。日本で問題は銀行金利が限りなくゼロに近いということです。65歳以上の高齢者等の保有する資産は1400兆円といわれています。6年前の2014年に団塊の世代が全員65歳以上で定年退職したために、会社から莫大な退職金をもらったのがその理由です。ところがその大金は長い間銀行の金庫で眠り続けています。

高齢者たちは何とかしてお金がお金を生み出すような仕組みを見つけようと模索し始めました。たとえば不動産投資や土地活用があります。中でも人気は比較的小額の投資でできるアパート経営です。アベノミクスが推奨するNISA株式投資にのめり込んでしまったような高齢者たちもたくさんいます。

最近になって注目されてきているのが不動産フランチャイズ事業を立ち上げるという手段です。とはいえこの投資は結構難しいです。この投資を始めるためには専門家の意見を充分に聞いてから始めなければなりません。不動産フランチャイズの投資回収期間が、一体どのくらいかかるのかということを心配されている高齢者たちがたくさんいます。

近年注目を集めるリアルエステイト投資

アベノミクスが推奨するNISA株式投資は大変な人気でした。株式投資で儲けたぶんについては税金がかからないという特別な株式投資です。しかし、すぐにその化けの皮が剥がれてしまいました。

そもそも高齢者がいきなり株式投資を始めてもそれで利益を上げられるはずがないのです。そこで近年注目されてきているのがリアルエステイト投資事業です。団塊の世代の中には実力のある人たちがかなりいます。そういう人たちが狙うのは自分で投資事業をやってしまうということです。そこで注目されているのかフランチャイズです。

この仕組みはもともとアメリカで開発されました。アメリカ人は何事につけても合理性をとことん追求します。開発された新しいタイプの不動産フランチャイズシステムにしてもまったく同じことがいえます。今の大統領になってからますますそれがエスカレートしてきています。その証拠にダウジョーンズの株価は毎日のように値上がりしています。

投資事業をフランチャイズ方式で立ち上げるとして一番の問題点は投資回収期間です。しばらく前まではリアルエステイト事業の投資回収には5年はかかるといわれていました。それが世の中の仕組みが変わるにつれて、どちらかというと短期決戦型に移り変わってきています。

今では遅くとも2年以内に目安が出ないような投資はすべきではないという考えが主流です。これはフランチャイズ方式で立ち上げられるリアルエステイト事業についてもまったく同じことがいえます。それどころか1年以内に投資回収はすべきであるというような過激な発言をする人たちもたくさん出てきています。

合理性を限りなく追及すること

リアルエステイト投資事業をフランチャイズ方式で開始するとして、一番気掛かりなのはどのくらいの期間で元本が戻ってくるかではないでしょうか。どのくらいの期間でマージンが入ってくるようになるのかは中でも一番注目されています。

投資回収期間を考えるにあたっては重要なポイントが何点かあります。まず注目しなければならない点は貢献利益と経常利益という事項がポイントになります。

マージンがスムーズに入ってくるようにならないと会社は成り立ちません。会社を立ち上げたのであれば、できるだけ早急にマージンが入ってくるような仕組みづくりをしっかりとしておかなければなりません。

そして大切なのが投資回収期間と経営自体との関わり合いです。この点を疎かにしていてはリアルエステイト事業は運営できません。この方式によるリアルエステイト投資でもその投資回収期間が短ければ短いほどよいということになります。会社が黒字化され貢献利益が出せるようになればもうそれはしめたものです。そのために最大限の努力をする必要があります。

投資回収期間の算出には特別な計算式がありますのでそれを学んでおかなければなりません。また回収期間を計算する際に絶対に必要なのが貢献利益という考えです。いずれにしても事業が開始されれば、会社ができるだけ早く黒字化されなければ話になりません。それが実に難しいところです。

そのためには経営陣の立て直しや考え方がとても大切になります。いずれもその基本的な考えはアメリカで開発されたものです。その真骨頂は合理性を限りなく追及するということです。

 

アメリカで開発された新しいタイプのリアルエステイト事業のやり方が、フランチャイズ方式です。リアルエステイト事業を、この方式にするメリットはとても大きいです。それはアメリカ人の合理性から来ています。そのために一番重視するのが、経営陣の立て直しや考え方です。

不動産フランチャイズ(FC)会社ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名LIXIL不動産・賃貸ショップセンチュリー21アパマンショップピタットハウスエイブル
特徴日本初の不動産フランチャイズチェーン世界最大級の不動産仲介ネットワーク営業社員の応対接客コンテストなどの開催教育研修スタッフが多く、研修体制が整っている人材募集のノウハウや電話システムにも対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧