不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

不動産フランチャイズの競合避止義務とは?ルールを事前に知っておこう

不動産フランチャイズを利用しようとしたときやその後の事業展開を考えたときに、競合避止義務、正確には競業避止義務が発生するのが問題になることがしばしばます。この義務は一体どのようなものなのでしょうか。詳しいルールを事前に知っておくことで、独立起業、あるいは加盟してからの事業のあり方に支障が生じないようにしておきましょう。

競業避止義務とはどのような義務か

競業避止義務とはどんなルールなのかをまず簡単に理解したうえで、具体的にどんな問題が生じる可能性があるのかを考えてみましょう。

競業避止義務とは多くの企業で従業員に課している義務の一つで、業務上で得た知識や技術などを用いて競業行為をすることを禁止するものです。同業種の企業への転職は難しいということがしばしば言われていますが、その原因は競業避止義務が存在することが多いからです。

前職の職場で培ってきたノウハウを用いて競合他社で働き、大きな成果を上げて売上が伸びたとしましょう。その結果として前職の会社で売上が低下したり、顧客が減少したりする状況が生まれたとします。すると競業避止義務に反するということを掲げて損害賠償を請求するといった流れが生まれることになります。

平たく言えば自社のノウハウを競合他社で使うことにより不利益を被ることがないようにすることを義務付けるルールなのです。ただ、営業の自由も認められていることから、競業避止義務はその自由を束縛するものという位置付けになります。その兼ね合いもあって正しい内容で契約が締結されていないと無効という判断になることもあるのが特徴です。

禁止される営業の範囲、期間、場所が明記されていて、その内容が合理的な範囲に収まっていることが必要とされています。あまりにも退職する人にとって不利な状況になっている場合には最初から無効だったという判断が下されることもあります。

もともと業界で働いていた人はまず注意

不動産業で独立開業しようと考えてフランチャイズも視野に入れているという人は競業避止義務に特に注意しなければなりません。退職するときに書類にサインすることが求められる場合が多く、退職後に一定期間は同業他社で働かないことなどを認めなければならない場合が多いのです。

ただ、不動産業界では独立起業をする人も増えていることから、一辺倒に禁止されてしまうわけではなくなってきました。例えば、勤めていた会社が対応しているエリア外であれば起業できる、対象とする物件が異なっていれば問題ない、一定期間を置いてから起業するのは構わないといった内容になっているのが通例です。

また、完全に個人として独立起業する場合には構わず、他社に転職することは認めないというケースもあります。内容がどのように書かれているかによって有効かどうかも異なりますが、このような書類を書かなければならなくなったときには交渉が必要になるでしょう。

フランチャイズに加盟するときの注意点

フランチャイズを利用して独立起業を目指すときにも注意しなければならない点があります。基本的にフランチャイズの加盟店になると、そのフランチャイザーが持っているノウハウを伝授してもらえる仕組みになっています。そのお陰で独立してから事業がうまく行きやすくなるのは確かですが、そのまま事業を続けていくには加盟店であり続けることが必要になるのが一般的です。

加盟店から抜けようとすると契約を破棄することになります。契約期間が満了していない場合にも違約金を支払えば破棄することができるものの、競業避止義務によって経営ができなくなってしまうのです。

フランチャイズではあらゆるノウハウを注ぎ込んでくれる形になっているため、そのノウハウを使って新たに起業したり、同業他社に転職してノウハウを使われたりしてしまうことを恐れています。そのため、通常は二年間程度にわたって新たに独立起業することも、同業種の企業で働くことも禁じられてしまっているのです。

まずは加盟してノウハウを教わり、事業が安定したら違約金を払ってでも独立し直して自分だけで経営しようと考えていた人もいるかもしれません。しかし、一度加盟してしまったらその加盟店であり続けなければならず、二年間も休業期間を置かない限りは新たに開業することはできないと心しておきましょう。

 

競業避止義務は勤め先のノウハウを使って競合他社が成功し、結果としてもともと働いていた企業が損失を生むという形になるのを防ぐためのルールです。会社を退職するときには書類にサインを求められ、競業避止義務を遵守することを認めなければならない場合もあるので注意しましょう。

また、フランチャイズに加盟した場合にも競業避止義務を負うのが一般的です。最初にノウハウを十分に教わったら独立してしまおうと考えがちですが、この義務が課されてしまうので二年間程度は開業できません。一度加盟したらそのフランチャイジーとして事業をおこなっていくことになるという覚悟をしておくようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧