不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

見極めが大事!フランチャイズ(FC)の選び方

フランチャイズの会社が多くてどこを選んでいいか迷ってはいませんか?そんな方のためにここでは、フランチャイズ本部を選ぶ方法をご紹介します。どこを見ればいいのか、どういった特徴があるのかがわかれば選びやすくなるのではないでしょうか。ぜひ参考にしてみてください。

見るべきポイント

ここでは、見るべきポイントを「資金」・「契約条件」・「サポート体制」の3つに分けてご紹介します。

資金

見るべきポイントの1つ目は「資金」です。
フランチャイズで店舗経営するにあたって、初期費用や運転資金はどれくらい必要なのかを計算する必要があります。加盟金、保証金、設置費用、仕入れコストなど、フランチャイズ経営で必要な費用を項目ごとに打ち出し、金額を計算しておきましょう。

契約条件

見るべきポイントの2つ目は「契約条件」です。
フランチャイズ契約を締結するにあたって、契約期間、保証期間、解約条件、加盟金や保証金の返還有無、違約金の有無などの条件を必ず確認しておきましょう。

サポート体制

見るべきポイントの3つ目は「サポート体制」です。
スムーズな店舗経営を実施し目標を実現させるには、フランチャイズ本部のサポートが必須です。「どのようなサポート体制があるのか?」・「SV(スーパーバイザー)の人数とレベルが全ての加盟店に対応できるか?」・「本部研修やITシステムが充実しているか?」などを確認しましょう。
資金の用意や契約条件の確認も非常に大事な項目ですが、サポート体制が充実していないと「せっかくフランチャイズ経営を始めたのに、サポートが手薄でどうしたら良いか分からない…。」ということになりかねません。そのため、サポート体制は特に重要な項目と言えるでしょう。

タイプ別の特徴を理解して合うものを探す

ここでは、フランチャイズのタイプの特徴を「小売業」・「飲食業」・「サービス業」に分けて、ご紹介します。

小売業系のフランチャイズ(FC)の特徴

小売業系のフランチャイズは、設定された基準をクリアした高品質な商品をお客様に提供するのが特徴です。お客様にいかに商品を購入してもらうかを工夫してデザインや陳列を工夫し、状況や季節、立地や客層などに応じて商品の発注を調整することで、店舗で抱える在庫のロスを減らせます。その上で、購入頻度や回転率を良くすることで利益が出る仕組みです。
小売業系のフランチャイズは、接客販売に加えて店舗管理や人事管理をできるようになりたい人に、特におすすめできます。

飲食系フランチャイズ(FC)の特徴

飲食系のフランチャイズは、味とサービスの一定の品質を保ちながら、期待値以上の料理・飲み物とサービスを提供するのが特徴です。お客様に食事を通じて楽しい時間を過ごしてほしい、美味しいと言ってもらえることが何より嬉しい、お客様の笑顔が見たいと考えている人に、特におすすめです。

サービス業系フランチャイズ(FC)の特徴

サービス業系のフランチャイズは、提供するサービスを通じてお客様の困ったことを解決するのが特徴です。トラブルの解消や(機械の修理など)、何かしらの行動を代行することで(手続代行など)、お客様の悩みを解決させ、また時間の削減に繋がるというメリットがあります。
サービス業の種類は幅広くありますが、どの分野においても専門知識を持っていること・問題解決に対する意欲があることが重要です。そのため、時間や手間を惜しまずに問題解決のための行動ができる人に、特におすすめのフランチャイズと言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。フランチャイズ会社を選ぶポイントやフランチャイズのタイプ別の特徴について理解を深め、独立・開業時の参考になれば幸いです。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧