不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

不動産フランチャイズで開業で使える助成金や補助金はある?

不動産フランチャイズを利用するときにちょっと気になるのがコストです。基本的にフランチャイズでは、場合によって補助金や助成金を利用することができるので非常に便利です。ここではフランチャイズに加盟をするときに使える助成金と補助金を紹介しましょう。

トライアル奨励金を知っておこう

不動産フランチャイズに加盟をするときには助成金を利用してコスト削減をする手段が用意されています。助成金は厚生労働省が管轄しているもので雇用をするときに利用可能です。

助成金の目的は元々地域の活性化や、雇用対策のためのものである条件に合致すればもらうことができます。基本的に助成金は返済する義務なども一切なく負担も残らないのがメリットです。

ただし事業にかかった費用を後から請求するといったシステムになっています。そのため助成金は開業時の自己資金としては使うことができないので注意しておきましょう。また受けるまでに半年くらいはかかるので気をつけないといけません。

どんなものが用意されているのかというとトライアル雇用奨励金というものがあります。会社の経営において最も重要になる従業員の雇用に対応するものです。トライアルという名前が付いている通りお試しの意味で利用可能です。

職業経験や知識が不足していて安定した職業に就くことができない人を雇用した事業主が受給できます。求職者と会社の間でトラブルなども起こらずトライアルが終了したときには、引き続き雇用が可能です。トライアル期間を設けることにより会社と求職者のミスマッチを防ぐことができるといった理由で、トライアル奨励金は用意されています。

経費や雇用に使える補助金もある

不動産フランチャイズに加盟するときには受給資格者創業支援助成金というものも利用できます。これは雇用保険の受給者が自分で創業をして1年のうちに労働者を受け入れるときに利用可能です。また対象の労働者を相当期間雇用することが確定しているとみなされた事業主が対象になるので覚えておきましょう。

主な内容ですが創業後3ヶ月以内に支払った経費の3分の1をもらうことができます。ただし上限は200万円までなので、それ以上の請求はできません。

創業した直後は経営をするために結構コストがかかります。そのため資金をやりくりしないとショートしてしまう可能性もあるでしょう。そういうときに上記のサポート資金は利用できます。

他にも地方再生中小企業創業というものも用意されているので知っておくと便利です。こちらは特定の21道県においてその地域の定めている地域再生事業をおこなう法人に対して支払われる支援金です。

一人以上の雇用をする方が対象で上限は最高500万円に設定されています。創業後6ヶ月以内に支払った経費の3分の1まで請求が可能です。不動産事業が対象地域の地域再生事業に該当する場合に支援してもらえます。

ちなみに上限金額は地域により変化していて、最高300万円までのところもあります。労働者の雇用一人あたりに対して30万円が支給されるもので上限は100人分までです。

今までおこなっていない新規事業をおこなうときには中小企業基盤人材確保というものが利用できます。これは新規事業または異業種への進出をする方に対応します。新しい事業をするときに必要になる基板労働者を雇うときに適用されるものです。基盤人材だと一人あたり140万円まで支援してくれるもので、一般労働者なら最高30万円までもらえます。

専門家に頼んで手続きをしてもらうのがおすすめ

助成金や補助金は内容がかなり複雑です。さらに数も非常に多いので、どのようなものが不動産フランチャイズで使えるのかわかりにくいという人も多いでしょう。基本的に審査に合格しないともらうことができないので、不合格になってしまうとその時点で支援を受けることが不可能です。

できるだけ審査に合格するには専門家に相談をするのが安全です。複雑な手続きなども代行をしてくれます。またどのような支援を受けることができるのか分析をおこなってくれます。対応する専門家は中小企業診断士や社会保険労務士などです。

専門家を頼るとお金が必要になりますが、それでも支援を受けることができる方がお得です。原則補助金等は返済などが不要で、お金をもらうことができます。そのためコストはかかっても最終的には得をするシステムなので、開業をするときに利用して損はありません。

 

不動産フランチャイズで利用できる助成金にはトライアル奨励金というものがあります。これは経験不足の求職者を雇うときに利用できるものです。会社と求職者のミスマッチを防ぐときに活用できます。

また受給資格者創業支援は相当期間労働者を雇用するときに使えます。場合によっては地方再生中小企業創業というものも利用可能です。

基本的に補助金等は審査に合格をしないと支援されません。そのため専門家に依頼をして審査に通過できるように配慮してもらいましょう。専門家に依頼をすればコストはかかりますが、最終的には得をするので問題ないです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧