不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

不動産フランチャイズ開業前に!税金や確定申告について学んでおこう

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/16

フランチャイズをするときに気になるのは税金や確定申告でしょう。何も知らない状態で本部に加盟すると後で金銭的な問題が生じてくるので気をつける必要があります。ここでは不動産のフランチャイズを利用するときに必要になる税金や確定申告について紹介します。

フランチャイズ業務ではどのような税金が発生するのか

不動産関係のフランチャイズに加盟をして運営をおこなうときには税金がかかります。基本的に個人事業主として営業をおこなうので所得税以外に消費税や個人事業税といった3つのコストがかかることを覚えておきましょう。

所得税は収入額に応じて収める金額がかなり違い、例えば195万円以下の場合は税率が5%になっています。330万円以上の収入がある個人事業主の場合は所得税が20%もかかるので注意しておく必要があります。ちなみに消費税に関しては年間の売上が関係します。年間で1,000万円以上売上がある店舗は消費税がかかるので注意が必要です。

またFCをするときにはロイヤリティーなどもかかるのでコスト面には気をつけないといけません。また個人事業をするときかかる事業税は290万円を超える人に対して適用されます。

FCをするにあたって注意しておきたいのが支払うコストです。人件費やロイヤリティーを考慮すると事業所得が290万円を下回る店舗は結構あります。大きな出費になるのでしっかりと確定申告をしてコスト削減をしましょう。

どうすれば節税をすることができるのか

できるだけコスト削減をするときは節税をしないといけません。節税をすれば大幅なコスト削減が可能なので、フランチャイズ運営をするにあたって有利になるでしょう。

どのような手段を用いて節税をできるのかというと、家族を利用します。フランチャイズオーナーの家族が従業員として働いているときには、その給料が経費として計上できます。ただしある程度働いている人に対して経費計上できるので注意が必要です。

経費にすれば事業所得を圧縮することができるので支払う税金も抑えることが可能です。圧縮をしていないとかなりのコストを支払うことになるので、覚えておきましょう。

またフランチャイズではロイヤリティーというコストがつきまといます。ロイヤリティーを支払うことによって本部の商品や看板を扱うことができるのがメリットです。絶対に必要になるコストなのでなんとか削減したいというオーナーは多いです。基本的にロイヤリティーも経費に含まれるものなので、計上すれば個人事業税を抑えることができます。

うまく経費計上することにより個人所得を290万円までに抑えられる可能性もあります。そうなると個人事業税を支払う必要がないので安心です。

注意点として経費として計上できるものは領収書など、実態を確認できるものだけです。支出を証明できるものでないと経費として認められないので注意しておきましょう。給料だけでなく従業員に支払った交通費や福利厚生の費用なども経費計上ができます。意外なものも経費として認められるので、うまく駆使すれば大幅なコスト削減が可能です。

商売をするためにはノウハウが必要です。そこでビジネス書などの書籍を購入して勉強をした場合も、対象の本を経費計上できます。

税理士をうまく利用するのが節税のコツ

確定申告をするとき税金を削減するには知識が必要です。知識がまったくない状態の方が節税をおこなう場合、意外な部分を見落としてしまう可能性があります。そこで適切な節税をするために税理士を利用してみましょう。

税理士は税に関しての知識が多く細かくアドバイスをしてくれます。中には不動産フランチャイズに強い税理士もいるので非常に便利です。

例えばフランチャイズ加盟をする前の注意点なども教えてくれます。契約内容を細かくチェックして不明な点を納得できるまで確認してくれます。加盟金や初期投資金額だけでなく、フランチャイズで重要になるロイヤリティーに関しても分析してくれるので安心です。

FCにおいて多くの名目で一時的に支払う金額が増えます。その際返還されてないことが確定しているものは資産として償却計算が可能です。これも税理士がしっかりアドバイスをおこなってくれます。

これから税理士を利用するのなら長く付き合える人を探しましょう。基本的に経験が豊富でクライアントの質問にしっかり答えてくれる人がおすすめです。また困ったときにいつでも相談できる人が理想です。

 

不動産フランチャイズでは税金がかかります。これは個人事業税などいくつかのものが発生するので注意しておきましょう。コスト削減をすることが大事になるので節税対策をおこなうのがおすすめです。

基本的に節税をするときには経費として計上できるものでないといけません。実態のあるものでないといけないので明細などをしっかり保管をしておく必要があります。

また税理士をうまく利用して節税をするのもコツです。税理士は税金に対する知識が非常に多いので、的確なサポートをしてくれるのがメリットです。

不動産フランチャイズ(FC)会社ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名LIXIL不動産・賃貸ショップセンチュリー21アパマンショップピタットハウスエイブル
特徴日本初の不動産フランチャイズチェーン世界最大級の不動産仲介ネットワーク営業社員の応対接客コンテストなどの開催教育研修スタッフが多く、研修体制が整っている人材募集のノウハウや電話システムにも対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧