不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

不動産フランチャイズのよくあるトラブル事例と対処方法とは?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/14

フランチャイズは自分で開業するよりも、コストを削減して商売を始めることができるのでかなり便利です。本部に加盟をして営業をおこなうスタイルなので注意点がいくつかあります。ここではフランチャイズのトラブル事例と解決法を紹介します。

本部の売上予想に関するトラブルがある

不動産屋のフランチャイズを利用するときに知っておきたいのが、本部の状態です。基本的に実績のあるサービスに加盟をすれば商売も楽になります。そこで本部の公式サイトを確認してどれくらいの売上予想しているのか確認しておきましょう。

ただ本部が嘘をついている可能性があると、サイトに書かれている売上予想と実際の売上に大きな違いが生じます。そのようなトラブル事例もあるので注意しておきましょう。

どのような要素を利用して売上予想を算出しているのかを確認しないといけません。真実に基づいた要素を利用して売上予想を算出している場合は、実際の売上に近くなるので安心です。

もしフランチャイズに加盟して本部の売上予想と実際の売上にかなりの違いがあるときには損害賠償請求をすることができます。損害賠償請求をすればいくらからお金が返ってくるので安心です。

また場合によってはノーリスクで契約を解消することができるのが強みです。一般的にFCの契約を解消するときに契約期間中だと違約金が発生します。ただし本部の失態により問題が生じたときには違約金を支払う必要がありません。そのため現在のFC契約を解消して、新しい本部を探すことも可能です。

基本的にFCに加盟する前にどのような本部なのか確認しておくとトラブルを回避できます。そこで口コミサイトを利用してどのような対応をしてくれるのか情報収集をしましょう。口コミサイトは実際に本部に加盟をした人たちが書き込みをしています。本来表に出ないリアルな情報を収集できるので便利です。

テリトリーに関係するトラブルについて

フランチャイズ本部では多くの加盟店契約希望者を募集しています。たくさん加盟店を広げることにより企業が大きくなる仕組みです。そのときに注意しておきたいのが加盟店同士の営業です。

基本的に他の加盟店が邪魔をして顧客を取られてしまうといった心配があり、そうなると業務に支障が出てしまいます。フランチャイズ契約をするときのトラブルにはこのようなテリトリーに関係する事例もあるのです。

ほとんどの本部ではテリトリー制限というものが設けられています。テリトリー制限があれば加盟店から一定の距離に他の店舗を作れないというルールになっているので安心です。そのため契約書にテリトリー制限についての記載があるかしっかりチェックしておきましょう。またテリトリー制限がどれくらいの範囲に限定されているのかも確認しておきます。範囲が広いほど商売の妨害が発生しなくなるので快適に営業ができます。

違反をして損害賠償を請求されるケースがある

FC本部と契約をするときには契約書にサインをします。契約書にはいくつかのルールが書かれていて、違反をすると違約金を支払う必要があるので注意しておきましょう。また本部が提示する契約内容に偽りや問題があるときは、加盟者側が本部に対して賠償請求をすることが可能です。

例えば違約金の金額が以上に高いというトラブル事例があります。そういうときは違約金の減額をできる可能性があるので覚えておくと安心です。また本部がサポートするといっておきながら、資料に書かれている支援を全くおこなってくれなかったというケースに関しても賠償請求をできます。

注意点として契約違反があったことが事実でないといけません。架空の内容ではないことを証明するための要素を用意しておきましょう。もし契約違反になった事実を証明できないときはかなり不利になってしまいます。そういうときのために証拠になるものをすべて保管しておく必要があります。

また弁護士などの専門家に相談をしてサポートをしてもらうのもおすすめです。また契約をする前に契約内容をしっかりチェックしておくのも大事です。

 

フランチャイズ契約をするときにはいくつかトラブルが起こるので注意しておきましょう。例えば本部の売上予測と実際の売上に大きな差が生じたときには賠償請求ができます。

他にもテリトリー制限に関係する問題事例もあるので注意が必要です。トラブルにならないためにもテリトリーは設けられているのか、どれくらいの範囲に限定されているのかを確認する必要があります。

また契約内容に違反するトラブル事例もあるので知っておきましょう。本部が資料通りのサポートをおこなってくれない、高い違約金を請求されたときは弁護士に相談をして賠償請求が可能です。トラブルに対応するためには証明できる証拠が必要なので、しっかり保管しておくことをおすすめします。

不動産フランチャイズ(FC)会社ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名LIXIL不動産・賃貸ショップセンチュリー21アパマンショップピタットハウスエイブル
特徴日本初の不動産フランチャイズチェーン世界最大級の不動産仲介ネットワーク営業社員の応対接客コンテストなどの開催教育研修スタッフが多く、研修体制が整っている人材募集のノウハウや電話システムにも対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧