不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

宅建を取得!不動産フランチャイズなら資格を活かして開業できる

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/08/27

会社員として働く方の中には、宅建の資格を取得して不動産会社を開業しようと検討している人もいるでしょう。資格があると自分で開業できますが、不動産のフランチャイズを利用する方法もあります。既に不動産業を営んでいる人も大手企業に加盟することで、いろいろなメリットを得ることが可能です。今回は不動産FCの開業についてお話しします。

土地や建物を取り扱うのに必要な資格です

宅地建物取引業は宅地や建物について事業を行う場合、宅建業免許を取得しなければいけません。宅地や建物について自分で売買したり交換でき、宅地や建物について他の人が売買したり、交換・賃貸する際にその代理や媒介することが可能です。

土地や家の売買や賃貸などの仲介をする場合は宅建業免許を取得しなければいけませんが、自社不動産を賃貸するだけなら免許はとらなくても大丈夫です。

免許の区分として、事務所の配置によって大臣免許と知事免許があります。国土交通大臣免許の場合、2つ以上の都道府県区域内において事務所を設置して事業を営む場合に必要です。都道府県知事免許の場合、1つの都道府県区域内において事業を営む場合が対象です。

業者のホームページや名刺などを見ると記載されていることが多く、有効期間は5年間になります。有効期間が満了する前に更新すると、さらに5年間延長することが可能です。

賃貸マンションだけを取り扱っているようなら資格は不要ですが、土地や住宅などを扱いたいならぜひ取っておきたい資格になります。転職を考えている人もこの資格の取得を目指している人は多く、自分で開業できたり、フランチャイズに参加して利益を確保したりできるでしょう。加盟店に参加すると、この業界が初めてでも本部からのマニュアルなどに沿って業務を遂行できます。

加盟料を支払えば商標を使うことが可能

フランチャイズは本部が加盟店に対し、商号や商標などの使用を許諾したり、共通システムにおいて経営ノウハウなどを提供したりする仕組みです。加盟店があるエリアにおいて独占的な営業許諾などを与えたり、その見返りに加盟料を徴収したりするという営業形態になります。

会社を経営するのに信用は重要ですが、大手チェーン店に加盟するとこのような営業上の信用などをお金で購入できるメリットがあり、不動産業界において賃貸の仲介に関して、大手チェーンに加盟する人が増えている傾向があります。

この業界にはいろいろなチェーン店があり、テレビCMでおなじみのお店も多いでしょう。加盟することで初心者でも業務を行うことができ、定期的に説明会が開催されているので、興味があれば一度参加してみることをおすすめします。

説明会や公式サイト、パンフレットなどで契約内容を調べることが可能です。加盟するにあたって事前にいくつか調べておくべきポイントがあり、たとえば研修や販促資料によるサポートなど、具体的な内容をきちんとチェックしておくと安心です。

加盟料の他にどのようなコストが必要なのか、どんな契約義務が課されるのかを把握しておくことも大事なポイントです。加盟した後に契約内容が変更されるケースがあるのかも確認しておきましょう。通常、契約書の量はかなり多く、読みこなすのは大変なのでわからないことがあれば説明会で担当者に直接聞いてみるのもよい方法でしょう。

チェーン店に加盟するとさまざまなメリットがある

チェーン店に加盟するとその店の看板が使えるようになり、集客効果と信頼性を得ることが可能です。看板の力は大きく、クライアントは大手と認識してくれるので来店客が増える可能性が高くなるでしょう。

さらに同じ加盟店同士による横のつながりを持てるようになり、最新情報や現場の声を聞くことが可能です。自分で開業した場合では同じ業界において相談する相手を見つけるのは難しいですが、チェーン店であれば他の加盟店の店長と悩みや問題点などを共有できます。

成功事例や失敗した事例なども聞くことができ、単独で開業するよりも、情報量が増えることによって正しい意思決定に繋げることが可能です。また、本部から定期的な研修を受けることができるので、最新情報やノウハウを得ることができます。

さらに、いろいろなシステムを利用できるので、業務効率化に繋げることができます。一人で経営しているとシステム開発に費用が発生したり、手間や時間がかかったりすることが多いですが、加盟すると簡単にシステムを利用でき、物件連動やホームページ、顧客管理などを気軽に利用できます。本部と提携する外部企業のサービスを利用することが可能で、一定の効果や信頼性があり、クライアントからも喜ばれるでしょう。

 

宅建業免許を持っていると開業でき、不動産売買のフランチャイズに加盟することもできます。加盟している人は多く「より売上を上げたい」「よい会社にしたい」など目的を持って働いている人が多いです。夢を叶える手段として、不動産フランチャイズがあげられます。

不動産フランチャイズ(FC)会社ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名LIXIL不動産・賃貸ショップセンチュリー21アパマンショップピタットハウスエイブル
特徴日本初の不動産フランチャイズチェーン世界最大級の不動産仲介ネットワーク営業社員の応対接客コンテストなどの開催教育研修スタッフが多く、研修体制が整っている人材募集のノウハウや電話システムにも対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧