不動産フランチャイズ(FC)の起業・開業を検討中の方必見!不動産フランチャイズ(FC)会社を比較し、ランキング形式でご紹介します。

巧みな罠に注意!悪徳不動産フランチャイズの見分け方とは?

不動産業に参入しようとしている方が、知識がまったくない場合は、フランチャイズへの加入を考えているかもしれません。成功させるための知識を授けてくれるので、素人にとっては渡りに船という存在だといえるでしょう。しかし、中にはまともとはいえない悪徳業者も存在します。こちらでは悪徳不動産フランチャイズの見分け方を説明します。

インターネットで評判を調べよう

あまりにもひどいことをしているのならすぐにインターネットで悪い噂が立つでしょうから避けることは可能でしょう。しかし、それほど派手に悪さをしていないのなら、インターネットで悪い噂が立つのはしばらく先だといえます。

しかも、開催者の名前を変えられてしまうと、悪い噂が見つけられなくなってしまうので気をつけましょう。そのため、インターネットで悪徳不動産フランチャイズかどうか確かめたいのなら、とにかくよい評判を探すことをおすすめします。そして、よい評判に加えて実績があるのなら、悪徳ではない不動産フランチャイズだといえるでしょう。

ただし、公式ホームページに載っている情報は、改ざんが簡単にできるので、すべてを信用するのはおすすめできません。公式ホームページをチェックするのは基本ですが、外部のサイトに載っている情報を使い正しいのか確認するのもとても大切だといえるでしょう。

本当に評判がよく実績もあるところなら、外部に何らかの噂があるので公式ホームページの正確性をチェックできます。

相談会で実際に話を聞いてみよう

うまくごまかしながらやっているところがあるので、すべての悪徳不動産フランチャイズをインターネットで見分けることはできません。そのため、実際に会って話ができる相談会を利用して、強引な勧誘がないかチェックをしてみましょう。

ある程度の勧誘があるのは当たりまえだといえますが、度を超えた勧誘は普通ではありません。契約後も強引な手段で話を進められるケースがあるかもしれないので、そちらはやめておいたほうが無難でしょう。

ただし、一つのところの説明会に参加しただけでは、どの程度の勧誘が常識の範囲内かわかりません。そのため、いくつかのところが開催する説明会に参加をして、それぞれを比較することをおすすめします。断るのが苦手だと考えるかもしれませんが、即決はしないという強い意思を持って相談会に挑みましょう。

心配ならば弁護士に契約書をチェックしてもらおう

不動産フランチャイズに加入をする場合は、まず初めに契約書にサインをすることになります。この契約書によってさまざまな義務や支払いが発生することになるので、中身をきちんと読まなければいけないのです。

もちろん、ただ読んだだけでは不十分なため、記載されている中身をしっかりと把握する必要があるのです。もしも、悪徳不動産フランチャイズに加入をしてしまうと、契約書を武器にして無理難題をふっかけられるかもしれません。契約書に記載されているのですから、無理難題だとしても、従わなければいけないケースもでてくるでしょう。

脱退しようと考えても違約金について記載されているのなら、それもハードルが高い行為となってしまいます。儲けようとして加入をしたのに、お金がでていくばかりの事態になる可能性があるので気をつけましょう。

しかし、初めて契約をするような素人が、契約書の中身を完璧に理解するのは難しいです。しかも、相手が悪徳となってしまうと、わかりにくい表現で契約者が損になる条項を盛り込んできているかもしれません。

契約書で騙されるのが嫌なら、サインをする前に弁護士にチェックしてもらいましょう。そちらで契約書を見てもらえば、悪徳不動産フランチャイズかどうかを見分けることができます。現在では、契約書のチェックを得意とする弁護士もいますので、探しだして頼めば完璧な仕事をしてくれるでしょう。

なお、弁護士にチェックをしてもらうと、悪徳とはいえない程度の不備が契約書に見つかることがあります。その場合は弁護士に相手と話をしてもらって、不備を訂正してもらえる可能性もあるので、どうしても加入したいのなら頼んでみましょう。

ちなみに、弁護士はすでにおかしなところに加入してしまった場合にもきちんと力になってくれます。現在、不当な扱いを受けていると感じていて、どうしても解決をしたいのなら、法のスペシャリストに相談をして解決するための行動を起こしてもらいましょう。

 

悪徳不動産フランチャイズと関わりたくないのなら、まずはインターネットで評判や実績を調べて、よさそうなら相談会に参加しましょう。相談会でもまったく問題ないのなら、つぎは契約書を弁護士にチェックしてもらうことをおすすめします。

そこまでやって何も問題がないというのなら、安心して契約ができる不動産フランチャイズだといえるでしょう。あとは契約書にサインをして、いろいろなサポートをおこなってもらい営業をスタートし、しっかりと利益を上げるだけです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧